フォルダー一覧を作る簡単な方法

業務の引き継ぎでフォルダー一覧を作りたいけど、いちいちフォルダーを開いてメモするのがめんどくさい!

という人にオススメしたい方法があります。

コマンドスクリプトというWindowsのパソコンには必ず入っているソフトを使用して、やります。

設定までは少し時間がかかりますが、簡単なやり方ですので、たくさんのフォルダー一覧を作らないといけない人はとても参考になります。

参考になる方

  • フォルダー一覧を作りたいけど、いちいち書くのがめんどくさくて、やってられないと思ってる方
  • 繰り返し、フォルダー一覧を作成している方

使うコード

tree フォルダー構成をツリー形式に表示させるコマンド

オプション は下記の2つを使用します。

  • /a  文字変換
  • /f ファイルも対象にる

バッチファイルの作成の仕方

treeコマンドはバッチファイルを作成するよりコマンドスクリプトも使用した方が便利なので、コマンドスクリプトのやり方を紹介します。

コードの内容

・使うコード:「tree」

・オプション:「/a」、「>」を使用。

・ファイルも対象にしたい場合は「/f」も追加

コマンドスクリプトを設定する

まず左下のwindowsボタンを押します。

次に「windowsシステムツール」の中にある「コマンドプロント」を右クリックします。

「その他」の「ファイルの場所を開く」を押す

コマンドプロンプトをコピーして、デスクトップにショートカットを貼り付ける

下記のようにコマンドプロンプトのフォルダーが開いたと思います。

右クリックをして、コピーをします。

次にデスクトップに貼り付けます。

コマンドスクリプトのプロパティを開いて、作業用フォルダーを空白にする。

次にショートカットのコマンドスクリプトを右クリックして、プロパティを開きます。

プロパティの作業用を空白にします。

これでコマンドスクリプトの設定は完了です。

長かったですね。

おつかれさまです。

いよいよ、フォルダー一覧を作っていきます。

フォルダー一覧をコマンドスクリプトを使って作成する

コマンドスクリプトのショートカットをフォルダー一覧を作りたい所にコピーする。

コマンドスクリプトにコードを打つ

tree /a > list.txt

もし、ファイルも対象にしたい場合は「/f」コマンドも追加します。

tree /a /f  > list2.txt

実際にやってみると、こんな感じ。

テキストファイルに打ち込んだファイルをひらくとこんな感じ。

list.txtファイルとlist2.txtファイルの違いはこんな感じ。

ファイルの一覧が出来上がり。

参考までにファイルのみ一覧を作りたい方に

フォルダー内のファイル一覧を作りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

dirコマンドを使用して、やる方法です。

まとめ

以上でフォルダー一覧を作る簡単な方法について、紹介しました。

まとめると、以下のとおり。

  1. コマンドスクリプトを設定する
  2. コマンドスクリプトのショートカットをフォルダー一覧を作りたいところに持ってくる
  3. コマンドスクリプトにコードを打つ
  4. フォルダー一覧のテキストファイルの完成

コマンドスクリプトの設定が出来れば、すぐにフォルダー一覧ができるので、とても便利です。

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございます。

プログラミング初心者、バッチ初心者ですが、学んで便利なことを発信していきます。

こんな作業を省力化したいことがあれば、コメント欄やお問い合わせにぜひ記載してください!

記事にしたいと思いますので、お願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました