【あらすじ】 葦人の成長と友情、エスペリオンユースへの挑戦「アオアシ第1巻」

アオアシはプロサッカー選手を目指す主人公のアシトが名門のプロチームの下部組織のユースチームで奮闘する物語となっています。私が最も好きなマンガの1つで本格的な内容と主人公の特徴的なスキルによって、物語が展開されます。ぜひ「アオアシ」の魅力を知ってもらいたいと思い、ブログにしてました。今回のテーマは「アオアシの魅力」と「第1巻のあらすじ」。

この記事が参考になる方

  • スポーツマンガが好きな方
  • アオアシが気になる方、読んでみたい方

アオアシは何度も読み返してしまう魅力があります!

アオアシの魅力はたくさんありますが、個人的には「主人公の前向きな心で成長していく姿に心が踊る」こと。主人公の青井葦人(以下、アシト)は地元の愛媛の中学校ではサッカーが上手く、点取り屋でした。しかし、プロチームの下部組織のユースチームに所属すると、アシトの技術のなさが露呈します。ヘッドコーチから厳しい言葉を受け、葦人は少し悩みました。

けれども、アシトはひたむきで前向きな心で、自分が苦手とする技術を克服していき、困難を1つ1つの乗り越えていきます。考える力も始めはありませんでしたが、周りからアドバイスをもらいながら、練習や試合を通して身に着けて行きます。このように前向きな心で成長していく姿が、とても物語を重しくしている1つの要素で個人的にはとてもおもしろく、何度も読み返してしまうマンガです。

実際にこのアオアシのブログを書く前に数えきれないぐらい読み返していました。加えて、このブログを書く際に読み返しましたが、途中でやめようと思ってもやめられず、最新刊まで読んでしまいました。

何回でも読んでしまうぐらいアオアシはとても魅力的なマンガです。

アオアシの第1巻のあらすじと面白さ

アオアシは第1巻のあらすじは大まかにいうと下記のとおり。

  1. アシトは中学校最後の大会の県大会準々決勝で破れる
  2. 東京のプロサッカーチームの下部組織のユース監督の福田に入団試験を受けるように言われる
  3. アシトは東京シティ・エスペリオンのユースチームの入団試験を受ける
  4. アシトは1次試験に合格し、最終試験に望む

アオアシの第1巻はサッカーが好きな方にはとても読みやすい内容となっています。また、プロサッカーチームの下部組織のユースチームがどのような形で運営されているかも緻密に描かれており、アオアシの面白さの要素となっています。

第1巻の面白さは以下のとおりとなっています。

おもしろさ1:新たなるチャレンジの始まり

物語は高校生・青井葦人が中学サッカー部の敗北から物語は始まります。敗北から彼は新しい出会いをします。それは福田達也との出会い。福田達也の誘いでユースチームの入団試験を受けることなったアシト。新たな挑戦に不安を感じながらも、新たな仲間との出会いや成長への期待が胸を膨らませています。

おもしろさ2:福田監督の視線

物語が進むにつれて、東京シティ・エスペリオンユースチーム監督・福田達也の葦人への興味と関心が明らかになります。監督の視線が、アシトの未来への可能性を示唆するものとして物語に緻密なテンションを与えています。特に、福田監督の「俺には野望がある。俺の作り上げたクラブで、〜中略〜バルサもマドリーもマンチェスターもミランも叩きつぶす。」というセリフが、福田監督のクラブへのイメージとその野望を強烈に印象づけています。

おもしろさ3:チームの結束力と友情

入団試験でのアシトの特徴的なスキルによって、仲間たちとの連携の重要性がクローズアップされます。アシトは一人ひとりのメンバーの配置を見極め、チーム全体の力を引き出すための戦略を練ります。突発的なプレーと仲間との信頼がチームの基盤を形成していく姿勢が描かれています。

アシトの策略により、仲間たちの連携と友情が生まれます。彼のプレーが成果をもたらし、それが試合の流れを大きく変えていきます。友情や信頼が、試練に立ち向かう力強い原動力となっています。

おもしろさ4:新たな出会い

入団試験出会った大友栄作は、内面に葛藤を抱えつつも、試合中のプレースタイルと普段の態度の違いが描かれます。彼の心の葛藤と変化は、物語に深みをもたらし、キャラクターの成長と複雑な心情が交錯する場面として描かれています。

また、アシトは福田達也の妹・花と出会います。花の視点からのアドバイスは、葦人の考え方やアプローチに新たな視点をもたらします。この出会いが、葦人の成長に繋がるヒントとして描かれています。

おもしろさ5:新たな挑戦への準備

物語が後半に差し掛かると、葦人と仲間たちは最終試験に向けて結束を強めていきます。個々の目標と共通の目標を持ちながら、彼らの間に信頼と協力の輪が広がります。彼らの準備と意気込みが、物語の高まりを演出します。

第1巻は、葦人の成長や友情が丹念に描かれ、彼が向かう新たな挑戦の始まりが示されます。試練や未知の戦いへの準備が整い、葦人のストーリーが更なる展開へと導かれる予感が漂います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました