『Ariste(アルティスト)』第1巻の魅力!ジルベールの料理人としての成長と新たな一歩

美味しい料理の香り、華やかな料理の盛り付け、そして挑戦と成長の物語――それらすべてが漫画『アルティスト』の第1巻に凝縮されています。料理と人間模様が織りなすこの感動的な物語は、主人公ジルベールや同僚、同じ芸術家の同居人などから描かれ、読者の心を温かく包み込んでくれます。個人的にものすごく好きな漫画の1つ。主人公の成長と仲間たちとのほっこりするようなやり取りが魅力です。本記事では、『アルティスト』第1巻の魅力に迫りながら、そのストーリーの要点をご紹介し、Ariste(アルティスト)を読むきっかけになればと思います。

この記事が参考になる方

  • 料理マンガが好きな方で新しいマンガを読みと思っている方
  • ヒューマンドラマ、芸術、職業、同僚のジャンルマンガが好きな方で新しいマンガを読みと思っている方

出会いと成長の始まり

主人公ジルベールは、マルコという人物との出会いを通じて、料理人としての道を再度歩み始めます。プロンジュール(雑用担当)としてカルマンシェフの店で働いていましたが、ジルベールの新たな人生がスタートします。皿洗いや掃除などの雑用をこなしていましたが、実は料理の技術がものすごく高いジルベール。このことを気づいたマルコとプロンジュール(雑用担当)の仲間たちが動き出します。

友情の芽生え

ジルベールとマルコの友情が描かれます。ジルベールは孤独な時間が多かったが、マルコとの会話を楽しむことで心が豊かになります。ジルベールにとっては初めての友人で気さくに会話ができます。

この2人のやり取りに心があったまります。くらーい印象のジルベール。一方、マルコはとにかく明るい。この対象的な2人が互いの魅力により、友情が芽生え物語が進んできます。

ハラハラとドキドキ

カルマンシェフの店の記念イベントでは、ワインが振る舞われます。カルマンシェフからジルベールへワインがふるまわれますが、ワインのボトルを割ってしまいます。彼はすこし間抜けな部分が描かれていると思いきや、実は・・・・。たまに読者をドキドキさせながら、実はこの後の展開を描く伏線。このような展開

葛藤と決意

ミスをしてしまったジルベールは、マルコからの忠告にもかかわらず、葛藤を抱えつつも単純な仕事である皿洗いの仕事を続けたいとします。彼は自分の料理の腕前に自信が持てず、新しい一歩を踏み出すことに迷いを感じます。しかし、マルコとプロンジュール(雑用担当)の仲間たち、そして、有名シェフのメグレーによって、ジルベールは新たな決意をします。

新たなスタート

メグレーの店で新たな重要な役割を果たすことになったジルベールは、フランス料理におけるソースの重要性や多様性が描かれています。そして、ジルベールは新しい住居への引っ越しを機に、料理人としての新たなスタートを切るのです。

まとめ

『アルティスト』第1巻では、ジルベールの成長と夢に向かう姿勢が描かれています。出会い、友情、葛藤、新たな可能性、驚きの能力、そして新たなスタートというテーマが、料理人としてのジルベールの物語を彩っています。第2巻以降も目が離せない展開が期待されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました