【あらすじ】召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫アイテムでした~のあらすじ

漫画・本

「ネタばれ】召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫アイテムでした~のあらすじ: 驚きと感動の展開を解説※※ネタバレが嫌な人はこの記事を読まないでください※※

召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫アイテムでした~は主人公のトウヤ・キサラギが使用しなくなったアイテムを不要在庫の倉庫用になっている別アカウントに入れる際に別世界へ召喚されてしまいます。

トウヤは召喚された先で不遇に遭い、知らないところに飛ばされてしまいます。しかし、彼の特殊スキルの次元収納にしまっていた不要在庫が大量にありました。とりあえずパンを出し、腹を満たし、初めに使っていたバスターソードを出して特訓します。加えて、馬(バトルホース)を出して、仲良くなります。その後、トウヤは数々困難に遭遇しますが、不要在庫を駆使しながら、ゲームの知識と一緒に立ち向かっていきます。

この記事が参考になる方

  • 異世界マンガが好きな方
  • 「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫アイテムでした~」が気になる方、読んでみたい方

1. 召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫アイテムでした~とは

新たな物語の扉を開く準備はできましたか?今回は、ゲームを楽しんでいたところ、トウヤが未知の異世界へと足を踏み入れ、驚きと冒険が待ち受ける旅に出発します。

トウヤは、普段はゲームを楽しんで過ごしていましたが、ある日突然、運命のいたずらによって異世界へと引き込まれてしまいます。その異世界には魔法や不思議な魔物が存在し、今までゲームの中でしか味わえなかったような冒険の舞台が広がっています。しかも、トウヤは予想もしなかった力を手に入れてしまうのです。それは、ゲームの知識を駆使する力。この力を手にした彼は、新たな人生をスタートさせます。

異世界でのトウヤの旅は、新しい仲間たちとの出会いや、魔物たちとの困難な戦いで彩られています。彼のゲームの知識を活かした戦術や、魔法が煌めく場面は、読者をワクワクさせること間違いありません。しかし、力を持つことにはその代償もあり、トウヤは成長と共に自身の運命に向き合い、心の葛藤に向き合っていくことになります。

この物語は、知識と新たな友情、そして自己発見の旅。トウヤの成長と冒険を通じて、我々に勇気と感動をもたらしてくれることでしょう。次回、トウヤがどのような試練に立ち向かい、どのような絆を築いていくのか、楽しみにお待ちください!

2. 主要な登場人物紹介

トウヤ

  • 本作品の主人公。
  • バーサーカーのアカウントを作っているが、使わないアイテムを整理する際、違うアカウントのときに異世界に召喚される。
  • 始めはレベル1でスキルが何もない回復術師であったが、ゲームの知識と次元収納に入っている不要在庫を駆使し、異世界で生きていく。

ナタリー

  • ルネット帝国の元筆頭魔術師
  • 天才的な魔法使いで知識も豊富
  • 賢者になることを目標にして、旅に出てサランディール王国のフェンディーの街に一時的に滞在していた。

フェリス

  • 家精霊(エレメス)であり、家に憑く精霊で家を護り幸福を呼ぶもの。
  • トウヤが家を購入する際に憑いており、トウヤが家に済むことを認める。
  • のちにトウヤと話したい、触れたいと思い、話せるようになり、手を触れる程度に触れるようになる。
  • 精霊の結晶石に入り、トウヤと一緒に外にでるようになる。

シャルロット・ヴァン・ルネット

  • ルネット帝国の第1皇女
  • 精霊魔術師で大精霊の力を使える素質があるが、さぼり癖によりLV5であった
  • トウヤの協力のおかげでレベル上げに成功する

アルトリア・フォン・ミルダ

  • 代々皇室に使える騎士の家系
  • ジェネレート王国が帝都を攻める前にシャルと一緒に脱出し、ナタリーを探しにサランディールに行く
  • 厳しい訓練も行って、それなりレベルが高かったが、トウヤによって、急激にレベルを上げることに成功。

エンブラント

  • サランディール王国のフェンディーの街のサブギルドマスター
  • 変人と周りに呼ばれているが、冒険者からの信頼があつい
  • ダメなギルドマスターに変わり、ギルドを取り仕切っている
  • トウヤからの信頼も厚い

アリス

  • ナタリーの妹の孫
  • 魔法は使えないが、手先が器用で商売上手
  • トウヤがルネット帝国の皇帝を救出する際に補助的な役割を担う

ガウロス

  • ルネット帝国の獣人自治区を治める人物
  • アルの叔父にあたり、すごく強い

勇者ラルク

  • トウヤと同じタイミングで異世界に召喚された人物。
  • トウヤと違い、初めから聖騎士で勇者の称号を持っており、ジェネレート王国から重宝される
  • ルネット帝国に侵攻する際、亜人達を虐殺する

ジェネレート王国第三王子ラセット•ファン•ジェネレート

  • ルネット帝国の帝都を攻め落とした後に、帝都の責任者となる人物
  • 特に秀でた能力はないが、ジェネレート王から気に入れられている。
  • 洞爺の作戦にはまり、見事人質となり、ルネット軍に無血で帝都を取られる羽目となる。

ジェネレート王国王女シャロン•フォン•ジェネレート

  • トウヤと勇者ラルクを召喚する魔術を持っている
  • レベル1のトウヤには興味を示さなかったが、勇者ラルクにべったり。
  • 勇者ラルクに亜人を悪であると教えている人物の1人

帝都のサブギルドマスター グルジア

  • トウヤがルネット皇帝を救出する際の帝都のサブギルドマスター。
  • 洞爺に協力して、ジェネレート王子のラセットを騙し、帝都の無血で解放することになる。
  • 酒飲みでだらしない反面、仕事はできる

ルネット皇帝

  • シャルの父親
  • ジェネレート王国の侵攻により、帝都が侵略され、一時的に捕虜となる
  • トウヤのおかげで救出され、再度帝都を攻め、取り戻すことに成功する

リーゼ

  • サランディール王国のアールランドの冒険者
  • アールランドの領主だった父親が、亡くなり兄が領主となる
  • 剣術が秀でており、トウヤのおかげでAランクの魔物を倒せるようになる
  • トウヤの第ファン

マイラ

  • サランディール王国のアールランドの冒険者
  • リーゼと幼馴染の魔術士

3. 第1〜5巻のあらすじ

1巻の概要

  • 主人公がレベル1の魔法種族なアカウントで異世界に召喚される
  • 回復術師で召喚されたが、相手は勇者を希望していたため、不遇にあい、どこか知らないところへ飛ばされる
  • 次元収納にさまざまな物を入れていたことを思い出す
  • 剣と馬を出して、近くの街のサランディール王国のフェンディーで冒険者になる
  • 魔法書を読み、魔法を覚え、経験値を得るために戦い続け、魔法術師にジョブチェンジする。

2巻の概要

  • サブギルドマスターのエブランドと出会う
  • 護衛の任務を頼まれる
  • 護衛を行う上でパーティも悪くないことに気づかされる
  • 護衛の際、オークの群れに出会うが、トウヤの無双のおかげで切り抜ける

3巻の概要

  • ジェネレート王国とルネット帝国が戦争を始める
  • ルネット帝国の皇女シャルと近衛騎士アルトリアがナタリーを探しにサランディール王国に逃げ込む。
  • この際に、トウヤがシャルとアルトニアを助ける
  • ルネット帝国のガレット騎士団とサランディール王国の勇者が戦い、勇者が勝つ
  • トウヤが魔法術師でレベル100となり、転職すると賢者となる。

4巻の概要

  • シャルとアルがトウヤと一緒にレベルを上げるために冒険に出かける
  • サンディール王国のフェンディーの街にサランディール王国の使者が来る
  • 使者の要求はシャルとアルの引渡し
  • トウヤは使者の要求を撥ね付け、シャルとアルとナタリーと逃げる
  • ルミーナーと戦い、トウヤが勝つ。
  • シャルとナタリーがジェネレート王国の使者と戦う

5巻の概要

  • シャルとナタリー、アルトニアがジェネレート王国の使者らを倒す
  • トウヤらは帝国の獣人自治区のリアンに向かう
  • アルの祖父でリアンを治めるガウロスと出会い、帝国を治める皇族の救出依頼を受ける
  • トウヤと商人のアリスで帝国の帝都に侵入する
  • トウヤと勇者が出会うが、勇者はトウヤのことを覚えていなく、何もなかった
  • 勇者が帝都を離れることになり、皇族を助けることになる

1巻から5巻のハイライト

  • 主人公が大量の物資(不要在庫)を次元収納に入れた状態で異世界へ召喚さられる
  • 召喚された先で不遇にあうが、自力で魔法スキルなどを習得していく。
  • いい出会いもあり、徐々に異世界の生活も慣れてきたところに災難がある。
  • ジェネレート王国と帝国の戦争により、逃れてきたアルとシャルはトウヤに帝都で囚われている皇帝の救出を依頼する  

4. 第6〜9巻のあらすじ

 6巻の概要

  • トウヤがA級の冒険者になる
  • トウヤとアリスが帝国の皇族を助けるために城に侵入する
  • 皇族及び陛下を助ける
  • トウヤの最大魔法の岩石彗星によって、帝都の門を打ち破り、脱出に成功。
  • ナタリー、アル、シャルと合流する
  • ルネット皇帝からトウヤへ帝都解放の依頼を受けるが、トウヤは断る
  • トウヤはナタリー達の元から離れる
  • ナタリー達は帝都奪還のために出陣する
  • トウヤがジェネレート王国の総大将の第三王子ラセットを捕える

7巻の概要

  • トウヤのおかげで、ルネット皇帝らは無傷で帝都を奪還に成功
  • 捕虜となったラセット王子と引き換えにジェネレート王国を退かせることができた
  • ルネット皇帝からトウヤへの褒章として、侯爵の爵位と館などをもらう
  • 侯爵になったトウヤはレベル上げをしたいところだが、貴族の仕事でなかなかできないでいた
  • そんな折、トウヤはアリスからジェネレート王国近くの街アールランドが近くのダンジョンから押し寄せる魔物達の情報を得る
  • トウヤはダンジョン攻略のため、アールランドに向かう
  • ジェネレート王国の勇者ラウルも国王の命令によりアールランドのダンジョンに向かう
  • トウヤは道中で倒れていたアールランドの冒険者リーゼを拾う。
  • アールランドのギルマスからダンジョンから魔物達が大量に発生していることを聞かされ、調査の依頼を受ける
  • ダンジョンからAランクの魔物が大量発生し、トウヤが瞬殺する
  • アルとナタリー、シャルが帝国軍を連れて、アールランドに到着する
  • ダンジョン攻略をジェネレート王国の勇者と競争して行うことなったトウヤたち

8巻

  • トウヤらとジェネレート王国の勇者達はダンジョンに挑む
  • トウヤらは隠し通路をとおり、先にボスに挑む倒す
  • ジェネレート王国はボスを倒した後に到着する

9巻

  • ジェネレート王国はボスのダンジョンコアを奪おうとし、一触即発になる。
  • ジェネレート王国の団長ガルジールにより、ひとまず場が収まる
  • ガルジールの提案により、ダンジョンコアをめぐり、一騎打ちが提案される。
  • 一騎打ちを受けるだけでお金をもらえるため、トウヤは承諾する
  • ジェネレート王国の代表は勇者ラルクス。帝国はトウヤが代表として戦う。
  • ほぼ互角の戦いであったが、徐々にトウヤが優勢になっていき、トウヤの勝利で終わる。
  • その後、ダンジョンコアが暴走して、ヒュドラが登場。
  • トウヤらはヒュドラを倒し、ダンジョンから脱出する

6〜9巻のハイライト

  • トウヤはルネット帝国の皇帝を救出することに成功し、帝都から脱出にも成功。
  • 皇帝から帝都奪還の依頼を受け、戦死者なしで帝都解放することに成功。
  • ルネット帝国とジェネレート王国は休戦することになる
  • ルネット帝国のアールランドの街でダンジョンから大量の魔物が発生しているという情報をトウヤは得る。
  • トウヤはジェネレート王国の勇者ラルクとダンジョン攻略を競争する。
  • 結果的にトウヤが勝利するが、勇者ラルクと一騎打ちも行う。
  • ラルクとの戦いにも勝利したトウヤは、ダンジョンコアからボスのヒュドラを倒す。

5. クライマックスと今後の展開を考察

召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫アイテムでした~のクライマックスは「主人公が賢者となり、ルネット帝国を救う」ことです。救うまでの流れがすごく面白く、レベル1だった主人公のトウヤが自分の力でレベルをあげていき、侵略されたルネット帝国を救います。

私自身も異世界のマンガはあまり読んだことがありませんでしたが、召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫アイテムでした~は読み進めると、不要在庫の面白さがあります。始めの不要在庫はパンですが、バスターソードを出してから、多種多様なアイテムを出していきます。「次に何の不要在庫が出て、物語を展開していくのだろう?」という、ワクワクがこのマンガの面白さだと思います。

また、今後の展開としては勇者ラルクと対戦が終わったため、勇者ラルクと「協力」して、困難に立ち向かう物語が展開されると考えます。現在のトウヤのパーティより強い魔物が現れたときにトウヤ一人では立ち向かうことができません。勇者ラルクはトウヤを除いたどの人物よりも強いため、勇者ラルクが前衛、賢者トウヤが後衛といった形で、難敵に立ち向かっていくのではないかと思います。

今後の展開がとても楽しみですね。

6. まとめ

『召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫アイテムでした~』は、ゲームを楽しんでいた主人公トウヤが異世界に召喚され、力をつけて冒険する物語です。トウヤはゲームの知識を駆使し、新たな仲間とともに魔物との戦いに挑みます。彼の成長や友情、冒険が描かれています。

主要な登場人物には、トウヤや仲間たち、勇者ラルク、ジェネレート王国などがいます。トウヤは不要在庫アイテムを活用して異世界で活躍し、戦争やダンジョン攻略などに挑む展開が続きます。

クライマックスでは、トウヤが賢者としてルネット帝国を救う過程が描かれ、彼の力と成長が試されます。今後の展開では、勇者ラルクとの協力や困難に立ち向かう物語が期待されます。不要在庫アイテムの活用や仲間たちとの連携が、物語を一層魅力的にしています。

この作品は異世界冒険と成長の要素を組み合わせた面白いストーリーで、今後の展開が楽しみな作品と言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました