【あらすじ・感想】「アシトの成長と絆の深化 – アオアシ第5巻の感動的な一冊」

サッカーの魅力は、勝敗だけではなく、プレイヤーたちの成長と絆の深化にも宿っています。『アオアシ』第5巻では、この魅力が存分に表現され、物語はより一層盛り上がりを見せています。さっそく、その魅力に迫りましょう。

この記事が参考になる方

  • スポーツマンガが好きな方
  • アオアシが気になる方、読んでみたい方

アオアシ第5巻のあらすじ

第5巻では、エスパリオンAチームが東京秋霖高校との練習試合に挑みます。この試合は、まさに異次元の強さを見せつける圧倒的な勝利となり、相手監督さえも驚嘆の言葉を口にします。相手は関東プリンスリーグの強豪でありながら、エスパリオンの実力に驚きを表した瞬間でした。

しかし、この試合で疲労困憊になった選手たちの中に、特に注目すべき選手がいます。唯一の1年生の遊馬です。彼はこれまでのサッカー観に疑念を抱き、「俺が今までやってきたサッカーはサッカーとは言えんかもしれんな」と自問自答します。

次の日、AチームとBチームが合同で練習することになり、11対22の選手数でのゲームが行われます。最初は人数が多いAチームが有利に試合を進めますが、途中でチームの人数を逆にしても、Aチームが有利で試合展開を進めます。人数差にかかわらず、新たな問題が浮上します。

この状況で葦人は、仲間たちと基本に立ち返り、プレーの意識改革を提案します。しかし、黒田と朝利は葦人のプレースタイルに疑問を抱き、葦人に向かって怒りの言葉を投げかけます。葦人はその理由を理解できずにいます。

休日には葦人が高校の入学式に参加し、新たなステージへの一歩を踏み出します。そして、新たな環境でクラスメートたちとの出会いが待っています。

アオアシ第5巻の感想

第5巻では、エスパリオンユースチームの成長と絆がより深化し、選手たちの個性や考え方が浮き彫りにされています。特に葦人の成長が際立っており、彼の変化は読者に感銘を与えます。物語はサッカーを通じてキャラクターたちの内面を描写し、成熟していく過程が描かれています。また、チーム内でのコミュニケーションや理解の重要性が強調され、仲間たちとの結束が一層深まっています。

特に印象的なのは、葦人とチームメイトとの関わり合いです。その中での気づきが描かれ、葦人の心の葛藤や仲間たちとの関係が読者に感情移入させ、物語への没入感を高めます。『アオアシ』第5巻は、サッカーと仲間愛に満ちた感動的な一冊となっており、ますます次回の展開が楽しみです。ぜひ、この素晴らしい物語をお楽しみください!

以上が、『アオアシ』第5巻の導入部分を含むあらすじと感想です。次回の展開に期待が高まりますね!

アオアシをできるだけ無料に読むには??

アオアシを無料で読むには「ebookjapan」がおすすめ。まるまる第1巻が無料で読むことが可能です。

もし、全巻電子書籍でまとめ買いしたい場合は「Ameba漫画」がオススメ。初回限定で半額クーポンが手に入るので1万円ほどで購入可能。ほかの電子書籍サービスよりも1万円安く購入可能。

この電子書籍のサービスの比較はこちらの記事で詳しく表を使いながら解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました