【あらすじ・感想】「アシトの逆転劇 – アオアシ第6巻の感動的な一場面」

『アオアシ』の第6巻では、新たな展開と感動的な瞬間が読者を待っています。特に、主人公・青井葦人の活躍が輝きを増しています。この巻で描かれたエピソードについて、詳しくご紹介しましょう。

この記事が参考になる方

  • スポーツマンガが好きな方
  • アオアシが気になる方、読んでみたい方

あらすじ

第6巻では、エスパリオンユースチームが成京高校との試合に挑みます。この試合で、朝利が見事なゴールを決め、チーム全体が驚嘆します。そして、中村平が完璧な崩しで朝利と葦人を褒め称えます。相手チームである成京高校は、何が起こったのか理解できず、エスパリオンの攻撃に手を焼いています。

しかし、試合中に朝利が葦人に向かってなぜパスを出したのか尋ねます。葦人は「俺が聞きてえよ」と答え、自身のプレースタイルに疑問を抱きます。これまでならゴールを狙うべき状況でシュートを打たなかったことに自問自答する葦人は、変化の兆しを感じています。

葦人は試合中、伊達ヘッドコーチの表情を見て、サッカーを学んでいることに気づきます。そして、迷いなくプレーを続けます。葦人は徐々に気づき、サッカーは3人でボールを運ぶことだと理解します。そして、彼は新たな戦術を展開します。葦人は「3人なら歪み(ギャップ)を生むことができる」と気づきます。

その後、葦人は成京高校に対してトライアングルの戦術を用いて攻めます。葦人は味方と敵全員を見渡し、動きを予測するようになり、試合をリードします。

この葦人の活躍に、ユースチームの月島コーチは驚き、葦人の弱点であった「サッカー巻の極端な狭さ」に言及します。伊達ヘッドコーチも、葦人が個人プレーに執着し、考えない選手だったことを指摘し、「サッカーの基本はトライアングル。少なくとも3人なんだ」と説明します。

その後、黒田は葦人にトライアングルの重要性を説明し、葦人は黒田と朝利にトライアングルを学びたいと感謝の気持ちを伝えます。試合が進行する中で、再びエスパリオンユースチームは葦人の活躍により逆転勝利を収めます。試合後、葦人は福田監督に呼び出され、驚きの提案を受けます。

感想

第6巻では、青井葦人の成長とサッカー理解が著しく進化し、彼の変化が物語に新たなエネルギーを注入しています。トライアングルの概念やチームプレーの重要性に気づき、それを実践する姿勢は感動的で、読者に鮮烈な印象を残します。

また、新たな登場キャラクターである栗林が、デビュー戦で圧倒的な実力を見せつける場面も印象的です。栗林の活躍が、サッカー界における新たな可能性を示唆しており、物語の展開がますます楽しみです。

第6巻は、サッカーの魅力と仲間の絆が交錯する感動的なエピソードが満載です。青井葦人の成長に引き込まれ、次回の展開がますます期待される一巻です。ぜひ、この素晴らしい物語をお楽しみください。

以上が、『アオアシ』第6巻のあらすじと感想です。次回の展開に期待が高まりますね!

アオアシをできるだけ無料に読むには??

アオアシを無料で読むには「ebookjapan」がおすすめ。まるまる第1巻が無料で読むことが可能です。

もし、全巻電子書籍でまとめ買いしたい場合は「Ameba漫画」がオススメ。初回限定で半額クーポンが手に入るので1万円ほどで購入可能。ほかの電子書籍サービスよりも1万円安く購入可能。

この電子書籍のサービスの比較はこちらの記事で詳しく表を使いながら解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました