【あらすじ・感想】アオアシ第3巻:新たな試練とプロサッカー選手への一歩

アオアシはプロサッカー選手を目指す主人公のアシトが名門のプロチームの下部組織のユースチームで奮闘する物語となっています。私が最も好きなマンガの1つで本格的な内容と主人公の特徴的なスキルによって、物語が展開されます。ぜひ「アオアシ」の魅力を知ってもらいたいと思い、ブログにしてました。今回のテーマは「第3巻のあらすじと感想」、第3巻は葦人の決断と母の思いがつまった読み応えのある作品となっています。

この記事が参考になる方

  • スポーツマンガが好きな方
  • アオアシが気になる方、読んでみたい方

葦人の愛媛への一時帰郷

第3巻では、主人公・青井葦人が一時的に地元の愛媛県に戻る場面から物語が始まります。その後、セレクションの合格通知が封筒と手紙で届き、葦人は大きな一歩を踏み出します。しかし、母親の紀子の寂しそうな様子と「なんか、サッカーにあんたを取られるみたいやねぇ‥」と言われ、母とのコミュニケーションが難しい状況が描かれます。

母の想いとプロサッカー選手への決意

最後まで母と話せずにいられなかった葦人。友人と駅でお別れして、最後に兄の瞬から母から贈り物だと紙袋が渡される。紀子から受け取った手紙には、母の思いが綴られており、葦人は感動と共に、プロサッカー選手を目指すことを決意します。母の温かい応援が、彼の背中を押します。

エスペリオンの仲間と刺激

エスペリオンに戻った葦人は、再び大友や橘と再会し、セレクション合格を祝います。トップチームの練習を目にし、有名な選手たちと触れ合う中で、新たな刺激を受けます。特に、高校2年生の栗林晴久の存在が彼に刺激を与えます。また、入寮にあたりジュニアユースからの昇格したメンバーとも顔を合わせます。

紅白戦と新たな決意

ユースチームに昇格したメンバーとの出会いも描かれ、葦人はチームの一員としての新たなスタートを切ります。ユースチームは全員で40人ほど1軍と2軍に分けられ、試合に臨むことになります。入寮にあたり、遅刻してきた冨樫とも出会います。

葦人の挑戦は紅白戦で始まります。しかし、ヘッドコーチの伊達望からプロサッカー選手を目指すことは険しいことを聞かされます。それでも、葦人は逆境に立ち向かい、紅白戦への意気込みが物語を締めくくります。

第3巻では、葦人の成長とプロサッカー選手への夢への一歩、新たな仲間との絆が描かれ、彼の未来への歩みが始まります。

アオアシをできるだけ無料に読むには??

アオアシを無料で読むには「ebookjapan」がおすすめ。まるまる第1巻が無料で読むことが可能です。

もし、全巻電子書籍でまとめ買いしたい場合は「Ameba漫画」がオススメ。初回限定で半額クーポンが手に入るので1万円ほどで購入可能。ほかの電子書籍サービスよりも1万円安く購入可能。

この電子書籍のサービスの比較はこちらの記事で詳しく表を使いながら解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました