【悲報】ダイヤのA act2連載終了!続編はあるのか??考察してみた

漫画・本

ダイヤのA act2が連載終了し、単行本も34巻で完結しました!長い間、楽しい時間を提供してもらったダイヤのAact2に感謝しかありません。

しかし、ダイヤのAファンの方はみんなが思うはずのことがあります。それは、、、

「続編はないの?」

ということです。そこで今回は続編はあるのか、ないのか考察していきます。

この記事が参考になる方

  • ダイヤのAact2の続編が気になる方

 はじめに~概要と続編への期待~

  • 「ダイヤのA」シリーズの概要

ダイヤのAact2は作者寺島裕二が描く高校野球漫画。連載雑誌は少年マガジン。

前作ダイヤのAでは春の甲子園予選で終わり、ライバル薬師高校との死闘でなんとか勝ちを得ました。ダイヤのAact2では、春の甲子園から始まります。

act2が始まった理由は、主人公の沢村たちの青道高校がライバル稲実高校と対戦していないことから、描かれたと思います。モデルは埼玉栄高校と作者はインタビューで答えています。

  •    「ダイヤのA Act2」の続編への期待

「ダイヤのA Act2」の続編に対する期待は大きいです。主人公やチームメンバーの成長を追い、新たなライバルとの対決を期待されます。感動のシーンや心温まるエピソードを通じて、スポーツの真髄とメッセージを感じ取れる作品。ファンの熱狂的な反応と共に、今後のシリーズ展開に期待が高まっています。(私もその1人)

主人公だけでなく、チームメイトの成長も面白いよ。

主人公、沢村栄純の成長

1作目、2作目で主人公の沢村栄純の成長が著しいです。青道高校のエースとして、雰囲気は出てきて、夏の甲子園予選でも大活躍。

しかし、最終巻でもライバル校稲実実業のエースの成宮と対戦し勝利したものの、「全然勝った気がしない」と沢村はクリスと御幸に話します。それに対してクリスは「お前にとってのゴールはまだずっと先にあるってことだ」と返します。

このやりとりだけを見ても、次回作が期待を持てそうな気がします。加えて、沢村自身がどこまで成長するか楽しみですね。

ライバルとの対決

   act2では春の甲子園に出場してから、全国の強豪校との対戦が沢山ありました。公式戦だけではなく、練習試合でも強豪校との対戦が描かれています。

ここでの懸念が沢村と同い年のライバルが少ないため、次回作描きにくいのでは?と考察します。唯一あげるとしたら、北海道代表の巨摩大藤巻の本郷正宗。それ以外の全国の強豪校の主要キャラは3年が多いです。以上のことから、全国の強豪校の新たなライバルとの対決はありましたが、三年が多く今後の期待が薄いかもしれません。

一方で地区予選レベルで見てみると、同い年や下の世代のライバルがたくさんいます。最大のライバルとなりそうなのが、薬師高校の轟雷一。野生味溢れる描写が多く描かれていますが、バットを振れば超一流。とてつもなく重いバットを難なく振る練習を繰り返し、とてつもないスイングスピードとパワーを兼ね備えています。薬師高校との対戦はact2ではありませんでしたので、3年生になった沢村と轟雷一の対戦を見てみたいですよね。

加えて、顔だけ登場して、試合に出ていない1年生が豊富にいます。この一年生達がどのように活躍していくか見せない理由がありません。

キャッチャーでキャプテンの御幸からのメッセージ

 夏の甲子園予選中に、御幸が降谷にプロの世界へ行きたくはないのか?と聞いています。この発言からも今後プロの世界まで描く予感がしますよね。

また、この話をたまたま聞いてしまった沢村自身も高校の後の世界に思いをはせます。この展開からも次回作の期待が持てますよね。プロの世界で同じチームメイトだった沢村と降谷の投げ合いが見れたら激アツですよね。

ファンの反応とシリーズへの期待

 ダイヤのAのファンからも続編への期待があります。甲子園で終わらないだろうという声やact2が完結しただけだよねと言う声があります。

16年間も連載して、お疲れ様でした!と言う思いですが、ぜひ新しい展開をしてほしいと切に願います。

まとめと展開

「ダイヤのA Act2」の続編は、主人公とチームメンバーの成長、新たなライバルとの対決、感動的なシーンとスポーツのメッセージが期待されています。

ファンの期待が高まっており、今後のシリーズ展開に向けてさらなる魅力的なストーリーとキャラクターの成長を楽しみにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました