【感想とネタバレ】アオアシ第27巻!葦人の挑戦: 夢と成長のサッカー物語”

アオアシはプロサッカー選手を目指す主人公のアシトが名門のプロチームの下部組織のユースチームで奮闘する物語となっています。私が最も好きなマンガの1つで本格的な内容と主人公の特徴的なスキルによって、物語が展開されます。ぜひ「アオアシ」の魅力を知ってもらいたいと思い、ブログにしてました。今回のテーマは「アオアシ第27巻の感想とネタバレ」です。

この記事が参考になる方

スポーツマンガが好きな方

アオアシが気になる方、読んでみたい方

アオアシ第27巻の感想

物語は葦人がサッカーの世界で成長する姿を描き、選手としての試練や成果に対する彼の葛藤が鮮明に描かれています。彼が高円宮のチャンピオンシップとトップチームの練習の選択を迫られた瞬間から、プロ選手としての夢への情熱が明確になりました。特に、ワールドカップメンバーと同じピッチに立つ夢への希望や司馬との出会いが物語に深みを加えています。

アオアシ第27巻のまとめとネタバレ

葦人はエスペリオンのトップチーム監督ガルーシャと会い、高円宮のチャンピオンシップとの選択を迫られる。彼は優先してトップチーム練習に参加し、将来の呼びかけに期待する。練習では同学年の遊馬と3年生の義経と出会い、義経はA代表経験者らを紹介する。司馬明考との出会いで葦人はワールドカップへの夢を感じ、トップ練習ではアップと40分のミニゲームで成果を出すことが求められる。しかし、ミニゲームでついていけず、司馬のパスに驚く。課題が見えず焦る中、司馬に教えを請い、4人で特別な練習を行う。しかし、葦人はなぜ司馬のパスを受けられないか理解できず、栗林の言葉でプロとの壁に気づき、考え込む。

アオアシを無料でもっとも読める方法は?

アオアシを無料でもっとも読めるのは「ebookjapan」がオススメ。下記のサイトを比較した結果、唯一無料の単行本が読めます(2023.9.2現在)。

ただし、アオアシは定期的に10冊以上の無料キャンペーンを楽天koboやkindle、ebookjapanで行うときがあります。定期的に行うので、今後もXで情報発信していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました