【感想とネタバレ】アオアシ第29巻の!葦人の未来への1歩!

アオアシはプロサッカー選手を目指す主人公のアシトが名門のプロチームの下部組織のユースチームで奮闘する物語となっています。私が最も好きなマンガの1つで本格的な内容と主人公の特徴的なスキルによって、物語が展開されます。ぜひ「アオアシ」の魅力を知ってもらいたいと思い、ブログにしてました。今回のテーマは「アオアシ第9巻の感想とネタバレ」です。

この記事が参考になる方

スポーツマンガが好きな方

アオアシが気になる方、読んでみたい方

アオアシ第29の感想とネタバレ

第29巻ははサッカーの練習と成長の日々を描いたドラマです。特に、葦人と遊馬の奮闘が際立ちます。契約更改に悩む司馬や、栗林との対戦に苦しむ場面もドラマに深みを与えています。福田花と栗林の夢に触れ、刺激を受けた葦人の心情や、遊馬の言語化の悩みが感情移入を呼び起こします。高宮円杯優勝で迎える世界大会の期待と緊張が物語を一気に盛り上げています。また、葦人と遊馬がプロ練習での連携で成果を上げ、課題に取り組む姿勢が力強いです。終盤では葦人の新たな気づきや遊馬の迷い、そして新たな挑戦の舞台が描かれ、次回作への期待が高まります。全体を通して、サッカーを通じて成長する若者たちの情熱と努力が感動を呼び起こします。

アオアシ第29 巻の概要

トップチームの練習2日目。司馬は契約更改に迷い、葦人が早朝に潜りこみ、トレーニングに感心。練習では葦人と遊馬が連携し、葦人の成長が見られるが、最後のフィニッシュで苦戦。福田花と栗林の夢に刺激を受け、司馬の経験に気づく。一方、遊馬はエースの出口との練習で言語化の必要性に悩む。高宮円杯の優勝で世界大会進出が決まり、バルセロナユースとの対戦が迫る。3日目のプロ練習では、葦人が司馬のキラーパスに成功し、期待が膨らむ。葦人と遊馬は最大のチャンスで結びつき、成果を上げつつある。しかし、フィニッシュでの課題が残り、栗林に圧倒される場面も。帰りがけ、福田花と栗林の夢に触れ、刺激を受ける葦人。遊馬は出口との練習で言語化の必要性に迷いつつも、出口のアドバイスに心動かされる。高宮円杯の優勝で世界大会進出が決まり、新たな挑戦が待ち受ける。

アオアシを無料でもっとも読める方法は?

アオアシを無料でもっとも読めるのは「ebookjapan」がオススメ。下記のサイトを比較した結果、唯一無料の単行本が読めます(2023.9.2現在)。

ただし、アオアシは定期的に10冊以上の無料キャンペーンを楽天koboやkindle、ebookjapanで行うときがあります。定期的に行うので、今後もXで情報発信していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました