【感想とネタバレ】転生賢者の異世界ライフ〜第2職業を得て、世界最強になりました〜22巻を読んでみて

ステータスやスキルがある異世界に召喚された佐野ユージ。現代日本のブラック企業に勤めていた彼が不遇職テイマーとなり、スライムをテイムする。しかし、不思議な魔導書のおかげで、賢者となる。スライムと賢者のスキルを使って、異世界最強になるユージ。22巻では、邪悪な組織「研究所」の手がかりを求めて、王立学校に入学したユージ。過酷な林間学校が始まったが、スライムのスキルによって、難なくクリアするユージであった。今回は22巻の感想とネタバレを紹介します。

この記事が参考になる方

  • 転生賢者異世界ライフに興味がある方
  • 転生賢者異世界ライフを買ってきたが、最近つまらなくなってきたので、買わないけど続きが気になる方

転生賢者異世界ライフ第22巻の感想

物語は緊迫感とサスペンスで満ち、ユージの冒険が次第に複雑になる展開が引き込まれる。夜間訓練や魔物との遭遇、悪い科学者の陰謀といった要素が巧みに組み合わさり、読者を引き込む。ユージの成長や戦略、意外な展開に興奮し、物語の魅力に没頭した。

特に印象的なシーンはユージが投げた石が先生に命中し、危機一髪で回避。夜間索敵合格後、悪しき科学者の陰謀をスライムを通じて知り、真竜の発生と戦い、最後に大規模な魔法を放つ場面が印象的。

まとめ

物語は緊迫感とサスペンスで満ち、ユージの冒険が次第に複雑になる展開が引き込まれる。夜間訓練や魔物との遭遇、悪い科学者の陰謀といった要素が巧みに組み合わさり、読者を引き込む。ユージの成長や戦略、意外な展開に興奮し、物語の魅力に没頭した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました