【感想とネタバレ】GIANTS KILLING第62「激闘の舞台、ETU vs. 鹿島の一戦」

ついにリーグ優勝が決まる大一番の1戦が始まります。ETUと鹿島の戦い。ETUにとっては、負けられない戦いの始まりです。

前回第61巻では選手入場前で終わり、今回は選手入場前に舌戦で幕が開けます。両チームの選手たちはモチベーションが高いことがうかがえます。

今回GIANTS KILLING最新刊を読んでみて、感想を書いていきます。

この記事が参考になる方

  • GIANTS KILLINGを読んでいる方
  • サッカー漫画が好きな方

要点

ETUと鹿島の激しいリーグ優勝争いが繰り広げられた一戦。入場前の選手の舌戦、サポートのコレオグラフィ対決、監督の舌戦が試合を盛り上げた。ETUは奇襲で試合をスタートし、一進一退の攻防が展開。椿が鹿島の強さを感じ、アイルトンが明かすその正体。達海監督の作戦でETUは持ち直すが、鹿島もチャンスを逃さず。村越の過去と執念が試合を彩り、最終的にはETUがゴールを奪い、鹿島はリードを許す。

感想

ETU vs. 鹿島の一戦は、熱狂的なリーグ優勝争いの中で最も注目される試合だった。入場前の選手たちの舌戦や、サポート同士のコレオグラフィ対決が試合前の緊張感を高め、監督たちの舌戦も見所の一つだった。特に、ETU監督達海と鹿島監督クライトンのやりとりは緊迫感とユーモアが入り混じり、試合前の期待感を高めた。

試合はETUの奇襲から幕を開け、一進一退の攻防が繰り広げられた。椿が鹿島の強さに圧倒される場面もあり、その正体を知るべくアイルトンの登場が興味深い瞬間だった。達海監督の戦術変更でETUが持ち直すが、鹿島も冷静にチャンスを生かし続けた。

特に印象的だったのは、村越の過去と執念に焦点を当てた場面。高校時代の五味との出会い、その後の道のりを振り返りながらのミドルシュートは見応えがあった。最終的には赤崎のゴールでETUが逆転し、鹿島は悔しい結末を迎えた。

緊迫感、感動、そして予測不可能な展開が交錯したこの一戦は、サッカーファンにとって忘れられない瞬間となった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました