ぜひ死ぬまで行きたい佐渡のスポット3選

新潟おすすめスポット

みなさん、こんにちわ!

私は昔佐渡に2年半ほど住んでいました。

転勤についていき、住んでみましたが、夏は穏やかで最高な所ですが、冬は荒れて荒れて、風がすごいところです。

雪はほぼ降らないですが、風と波が関東と違って、すごいです。

新潟本土は佐渡があるおかげ、波浪の影響が少ないですが、佐渡は大陸から、日本海から来る風、波をもろで受けてます。

エアコンの室外機に穴が空いたり、物干し竿が錆びて折れたり、茶色なったガードレールがあったり、、、

いろいろ塩の影響を受けるところです。

前回、ご飯所を紹介したので、今回は観光スポット3選を紹介していきたいと思います。

少し変わったところも紹介したいと思いますので、最後までご付き合い願います。

佐渡ってどんなところ?

まず初めに佐渡について簡単に紹介したいと思います

佐渡の人口5万人ぐらいだった思います。

平成の大合併で10市町村が合併して、佐渡市となりました。

ただ毎年転出者が多く、1000人ぐらいでってます。たぶん、高校生が卒業して、島外に出ることが多いとは思いますが、

佐渡の面積は855km2ぐらいです。

東京都23区が627km2ですので、佐渡のほうが大きいです。

大まかに大佐渡、国仲、小佐渡エリアに別れています。

山と山に挟まれてるのが、国仲平野です。

すーごーいむかしは、2つの島だったんですが、くっついて今みたいな形って、ジオパークの人は話してました。

島の形としてはとても特徴的で他の島にはない形かなと思います。

有名な金山は相川エリア、西三川エリアがです。

相川は平成元年ぐらいまで金山として稼働してました。

西三川は江戸ぐらい?だったかな?

それでは、おすすめスポットを紹介していきたいと思います。

おすすめスポット1:Z坂の上から見る海

ここは私の中で1番おすすめです。

写真がなくてすんません。

ぜひ、現地に行って、見てください。

ここの丸く囲われたところがZ坂です。

断面図にすると、以下のとおり。

標高30mから標高130mぐらいまで、一気に上がります。

佐渡は段丘地形が多く、ここのZ坂は段丘地形がよくわかる地形となってます。

下から見ると、Zのように見えることからZ坂と呼ばれています。

ここは自転車のレースで有名な難所で、選手たちはいつも大変な思いをしているのだろうなと思います。

下の図のようにZ坂の上から見下ろすととても景色がいいです。

晴れている日は太陽の光が海上から反射して、きれいです。

おすすめスポット2:野生のトキがよく見れるところ

つぎは野生のトキがよく見れるところを紹介したいと思います。

トキは昔日本国内では絶滅してしまいました。

トキは田んぼの害鳥でよく駆除されてしまい、絶滅しました。

最後まで生き残っていたのが、佐渡だったため、中国から輸入したトキを日本で繁殖させることになりました。

下記の図が日本で最後まで時がいたところです。

くそ悪い道しかないので、行くのはお勧めしません。

新穂にある佐渡とき保護センターでもときは見れるのですが、野生のときが飛んでいる姿はとても美しいです。

ピンクの羽がとても美しいです。

是非一度見る価値はあると思います。

それでは、ときが見れるところを紹介したいと思います。

2年前ぐらいの記憶の情報ですから、少し今と変わっていると思いますので、ご了承ください。

1番野生のときが見れるのが、新穂の南線(正式名県道両津真野赤泊線だったかな?)から離れたところの田んぼにいます。

下記のあたり。

また、旧金井町にある佐渡市役所から南に向かっても結構います。

下記のあたり

また、相川に向かう途中の道によくいると、佐渡の友人は言ってました。

朝の通勤でよく見ると言ってたので、7時から9時ぐらいですかね。

下記にだいたい場所をプロットしたので、参考にしてください。

おすすめスポット3:ドンデン山の花たち

花が有名なところです。

正式名はタダラ峰というのですが、佐渡の人はみんなドンデン山といってます。

花が有名なので、花の百名山とも呼ばれてます。

4月下旬ぐらいから5月ぐらいまで花を楽しめます。

佐渡はサル、イノシシ、シカなど害獣がいないため、高山植物が比較的保全されてます。

鹿柵や電気柵もなく、本土から来ることも難しいため、人にあらせることも少ないため、花畑が一面に広がるところもあります。

どのコースも2時間くらいのルートですので、登山が多少できる人であれば、問題なくwるくことができます。

ぜひ一度訪れてみてください。

下記にだいたいの位置を落としましたが、適当なので参考にしないでください(笑)

トレッキング協会のHPにわかりやすい登山地図があるので、参考にしてみてください。

まとめ

以上、佐渡のおすすめのスポットを紹介しました。

あまり知られていないところもあり、佐渡観光のときに少しでも参考になればと思います。

また、使用している地図は地理院地図から引用させてもらいました。

便利なので、ぜひ使ってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました