ふるさと納税のルール?!初めてふるさと納税をやってみた筆者が解説

前回に引き続き、ふるさと納税ネタを紹介します。

初めてふるさと納税をやってみた私がルールについて解説していきます。

この記事が役に立つ方

・ふるさと納税をやったことがない人

・ふるさと納税をやってみたいけど、怖くてできない方

私が行ったふるさと納税のながれ

私が行ったふるさと納税の流れは以下のとおり。

  1. 楽天でふるさと納税 の限度額を調べる
  2. 楽天市場で「ふるさと納税」+商品名で調べる
  3. 商品を選んで購入。

ワンストップ特例制度で購入

  1. 商品が届く
  2. ワンストップ制度の申請書が届く
  3. 申請書に必要事項を記入。
  4. マイナンバーカードのコピーと申請書を提出

流れは大まかにこの程度。

美味しい商品を選べば、自分へのご褒美なります。

様々な商品があるので、選ぶのも楽しいですよ。

ルール1.寄付額には上限額ある

寄付額には収入により上限額が異なります。

収入が高いほど、寄付額の上限額は高くなります。

例1…年収3,000,000円の配偶者なしで28,200円

例2…年収6,000,000円の配偶者なしは77,300円

配偶者がいて、扶養にしていると、安くなります。

共働きの場合は、独身の方と金額は変わりません。

自分の寄付額を知りたい場合は「ふるさと納税  寄付額 計算」と計算すると、計算サイトが出てきます。

私の場合は楽天のサイトを使用しました。

(他にいいサイトがあるのかもしれませんが、検索する労力を惜しみました)

ルール2.返礼品には寄付額の3割以内という謎ルールがある。

昔は寄付額に返礼品の上限額の目安はありましたが、明確なルールではなく、地方自治体の中には好き勝手にやっていたところもありました。

今は寄付額に対する上限額が3割と設けられています。

例,寄付額が10,000円に対しては返礼品は3,000円以内とする。

地方自治体が自分の知恵を絞って、全国の納税者が以下に集金する方法を考えるのが目的の一つでは?

と個人的には考えましたけどね。

確かに納税に対して、返礼品の金額の割合を大きくすると、税金そのものが減ってしまうというデメリットはあるけど、地元産業が潤うならそれでもいいような気がするけど・・・

ルール,寄付額の2000円の自己負担とは

ふるさと納税を行うと、2000円は自己負担が発生します。

自治体や商品を複数選んでも、2000円の負担額は変わりません。

私の場合45000円ぐらいかふるさと納税の上限額です。

負担額2000円で返礼品が貰えます。

納税の1割ぐらい返礼品だったとしてもお得となります。

返礼品をいくつ選んでも、負担額は2000円ですので、だいぶ得した気分にはなりした。

今までやっていなかったことが後悔するぐらい、お得な制度でした。

ルール3.手続きは確定申告するパターンとワンストップ特例制度のというルールがある

手続きの方法は2つあります。

1つ目は確定申告するパターン。

2つ目はワンストップ特例制度を利用するパターン。

確定申告のメリットは?

確定申告するパターンのメリットは2つ。

・寄付金先の自治体のかずに限りがない

・年に一度の確定申告の際に報告すると、所得税が減る。

一方、デメリットは会社員など、普段確定申告していない人は、わざわざ確定申告を行う手間があること。

ワンストップ特例制度のメリット確定申告しない人には便利。

会社員や公務員の人はワンストップ特例制度が便利ですね

デメリットは3点あるよ

・期限が短い

・寄付先が5つの自治体しかない

・寄付先にいちいち本人確認書類を送らないといけない。

私の場合、ワンストップ特例制度を利用しました。

デメリットはワンタッチ特例制度の方が多いですが、私は会社員で確定申告をしたことがないため、ワンストップ特例制度を利用しました。

特段、問題なく申請が出来ました。

また、マイナンバーカードを持っていると、申請が楽でしたので、紹介します。

マイナンバーカードを持ってると、ふるさと納税ワンストップ特例制度は楽!

マイナンバーカードを持っているとふるさと納税がとても楽チンでした。

何が楽かと言うと、申請する際の添付書類がマイナンバーのカードの写しだけでいいことです。

マイナンバーカード以外だと、書類を2種類提出が必要でした。

マイナンバーカードは添付書類がこれのみでいいので、とても楽です。

まとめ

以上でふるさと納税初心者がふるさと納税について解説しました。

ふるさと納税は商品が貰えて、とてもお得な制度。

ルールもさほど難しくなく、誰でも出来る便利な制度です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました