ふろ場の混合水栓を自前で変えてみた!クランクが取りづらいが、少しの工夫で取れました。

実家の混合水洗のレバーが壊れたので、親が不便な生活をしていました。

親は慣れてしまえば、問題ないと言ってましたが、実際不便・・・

手にシャンプーが付いていると、滑って回せないし、水を止めるのも一苦労。

これは不便だと思ったので、取り替えてみました。

実際やってみると、案外簡単でしたので紹介します。

材料と道具の調達

混合水洗はホームセンターで売ってます。

近所のホームセンターは6から8種類ぐらい。

値段は13,000円~28,000円ぐらい。

シャワーヘッドも節水タイプだと、高い傾向でした。

また取っ手部分がプラスチック製は安く、ステンレス製は高い傾向でした。

プラスチック製は確かにチープ感がありました。

取っ手がプラスチック製で壊れたので、親の希望でステンレス製にしました。

今回は時間がなくホームセンターで購入しましたが、時間に余裕のある方はネットで購入したほうがだいぶ安いです。

ホームセンターでは15,000円の商品がAmazonでは13,000~14.,000円ぐらいで売ってます。

必要な道具

必要な道具は6つです。

  1. モンキーレンチ
    水栓の分解、組み立てに使用。
  2. ワイヤーブラシ(いらない歯ブラシでも可)
    水栓の分解後、水道管の内側についた付着物の清掃に使用。
  3. 水平器(なくてもある程度きれいにできます)
    水栓の組立時、シャワー水栓を水平に取り付ける際に使用。
  4. シールテープ
    水栓を給水管に接続する際に使用。(水漏れ防止)
  5. ぞうきん
    作業中に水が出てきた場合の拭き取り用。
  6. 定規
    水栓本体と接続する取付脚のねじ部の間隔を測るときに使用。 

水平器は最後の仕上げに使いますが、だいたいでいい人はいらないです。

我が家は大雑把なので、水平器は使用しませんでした。

シールテープはクランクにつけて、壁部分のサルボとの密着するために使用します。

水漏れ防止なので、シールテープは必須です。

手順

大まかな作業手順は以下の7ステップ。

①元栓を締める

②古い混合水栓の本体を取り外す

③古いクランクを取る

④水道の中を掃除する。

⑤新しいクランクにシールテープをつける

⑥新しいクランクを取り付ける。

⑦新しい混合水栓の本体を取り付ける。

それでは詳しく解説します。

ステップ1

元栓を締めます。

家の外に元栓を締めます。

元栓を締めないと、混合水栓を取り外すと水が噴き出してくるので、注意が必要です。

ステップ2

古い混合水栓の本体を取り外す

モンキーレンチを使って、混合水栓の本体をクランクを取り外します。

ステップ3

古いクランクを取る

このクランクを取り外すことが一番苦労しました。

20年以上も取り外していないので、固着しており、手でやっても取れません。

無理やりやれば、壁の部分のサルボが取れてしまう恐れもあるので、慎重に行う必要があります。

そこで、モンキーレンチを使い、てこの原理を使うと取り外しが出来ました。

少し回せるようになれば、後は手で回せます。

ステップ4

水道の中を掃除する。

クランクが取れたら、壁についているサルボの中をいらない歯ブラシで掃除します。

ステップ5

新しいクランクにシールテープをつける

シールテープを新しいクランクにつける前に、新しい混合水栓のクランクを壁に取り付けて、回転数を見ます。

これをしないと、シールテープを貼り付けた状態で、クランクが取り付ける時の回転数が分からなくなります。

次にシールテープを下記のとおり巻きつけます。

出典:TOTOサーモスタット混合水栓の施工・取扱説明書抜粋。

注意点

・巻きつけ方向に注意。

・巻くときに溝にねじ込む。

この2点を注意しないと、水漏れの原因になりますので、丁寧にやりましょう。

ステップ6

新しいクランクを取り付ける。

シールテープをつけたクランクを壁に取り付けます。

その際、クランクの間隔を説明書の記載のとおりにします。

出典:TOTOサーモスタット混合水栓の施工・取扱説明書抜粋。

説明書の間隔どおりにやると、混合水栓本体の取り付けが簡単でした。

他のサイトの書いてあるような「へ」の字型にすると、本体の取り付けが上手く行きませんでした。

初心者の方は説明書に書いてあるとおり、取り付けるほうがオススメです。

ステップ7

新しい混合水栓の本体を取り付ける。

最後に混合水栓本体とクランプを取り付けて完成です。

出典:TOTOサーモスタット混合水栓の施工・取扱説明書抜粋

自分で取り付け費用と業者に頼む費用の比較

最後に自分で取り付ける場合の材料、道具費用と業者に頼む費用を比べてみました。

道具、材料代は以下のとおり。

自前の費用計1100円

・モンキーレンチ:800円

・ワイヤーブラシはいらない歯ブラシで代用

・水平器は使用しませんでした。
・シールテープ:300円

・ぞうきんはいらないタオルで代用

・定規は家にありました。

一方でホームセンターに聞いたら取り付け費用は以下のとおり。

・施工費9,000円

・出張費3,000円

計12,000円

自前でやれば1,100円ですので、10,000円ぐらいので節約になりました。

施工時間は約1時間ぐらいでしたので、時間単価1万円ぐらいですかね。

とてもお得になった気分です。

最後に私が購入した道具と材料リンクに貼りますので、参考までに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました