アオアシの登場人物一覧

青井葦人

主人公。愛媛出身中学3年生。短気だが、情が深く、また、誰よりもサッカーが好き。荒削りながら、強烈な才能を秘めている。ユースセレクションの最終試験では終了間際でゴールを決め、入団を果たし、東京シティ・エスペリオンのユース生になる。

始めはFWで入団したが、Bチームの試合で得点をあげるも、DFのサイドバックに転向する。

その後、攻撃、守備とも自分の才能である部分を伸ばしながら、活躍していく。

Aチームでも活躍していき、トップチームの練習にも呼ばれるぐらい実力を伸ばす。

阿久津渚

東京エスペリオンユース生で高校2年生。Aチームに所属。センターバックのDFだが、FWでも出場することもあった。

非常にフィジカルが優れている。親が大変ひどく、育ちがひどい。しかし、サッカーしか道がないため、気持ちが強い。

セレクションの最終試験で葦人と対戦している。

U-18の日本代表に選ばれている。

栗林晴彦

東京エスペリオンユース生。高校2年生ながらもプロデビューを果たす。中盤のMFでとてつもなく技術力が高い。トップチームでも司令塔としてチームを引っ張る存在。

偏食で好き嫌いが激しい一面も。サッカーに関することしか興味がなく、日常会話に難あり。

青井紀子

葦人の母。女手1つで家族を支える。

セレクションを受けに行った葦人に複雑な想いがありながら、送り出す。

セレクション後、葦人とあまり会話ができなかったが、手紙とスパイクなどのプレゼントを渡す。

青井瞬

葦人の兄。優しく弟思いで、弟を応援している。

生まれつき小児喘息でサッカーが好きだが、中学で引退し、高校では続けられていなかった。

しかし、スピンオフの物語で愛媛のユースチームに入団するまでの物語が描かれている

福田達也

プロサッカーチームの東京エスペリオンユースチーム監督。

過去に東京エスペリオンチームで活躍し、スペインリーグのサバテルに移籍。降格寸前だったサバテルのチームを勝たせる活躍をするが、膝を怪我して選手生命が絶たれる。

葦人を愛媛の中学の試合で見て、エスペリオンユースの入団試験を受けるよう勧める。指導者として抜群の才能があるが、いつも迷いながら進んでいる。迷うと近くの神社で缶コーヒーを飲む。

伊達ヘッドコーチとは選手時代からの付き合い。

大友栄作

セレクション受験生。小心者だが、抜け目のない一面も。

葦人と共に最終面接まで残り葦人とともにセレクションを経て、入団。

現在、葦人と共にAチームに昇格し、スタメンで起用されることも多い。

メンタルが抜群によく、試合が始まると淡々とこなしながら、活躍する。

伊達ヘッドコーチからも現エスペリオンユースの1年生で最高のメンタルの持ち主であり、主将気質だと、言われる

橘総一朗

実力が高く、葦人と共にエスペリオンユースのセレクションを受け、最終面接まで残り、入団。Bチームでスタメンに出続けるが、中々得点をあげることが出来なかった。しかし、ジュニア時代(中学生)に所属していた東京武蔵野蹴球ユースとの対戦から覚醒して、ゴールを量産していく。

一条花

福田の義理の妹。葦人のことが気になっている。

福田達也がケガをして選手生命を絶たれてから、スポーツドクターになることを目指し、日々勉学に励んでいる。

伊達望

東京シティ・エスペリオンユースチームのヘッドコーチ

富樫慶司

東京シティ・エスペリオンユース生。唯一のスカウト入団。

葦人と共にAチームに昇格

朝利マーチス淳

東京シティ・エスペリオンユース生。ジュニアユースからの昇格組

黒田勘平

東京シティ・エスペリオンユース生。ジュニアユースからの昇格組

葦人と共にAチームに昇格

本木遊馬

東京シティ・エスペリオンユース生。ジュニアユースからの昇格組。葦人の同期で唯一Aチームに所属

竹島龍一

東京シティ・エスペリオンユース生。ジュニアユースからの昇格組。Bチームに所属

海堂杏里

東京シティ•エスペリオンの親会社の社長令嬢

  • 義経健太

東京シティ・エスペリオンユース生で高校3年生。Aチーム主将。去年のプレミアリーグ得点王。

  • 桐木曜一

葦人の一個上のエスペリオンユース生。U18の日本代表であったが、今回の選考で落選してしまう

  • 高杉榮太

葦人の1学年上の東京シティ・エスペリオンのユース生。優等生と評される

  • 中村平

葦人の1学年上の東京シティ・エスペリオンのユース生。船橋学院戦をもってサッカーを引退すると告げる。

  • トリポネ・ルフィン

船橋学院高校3年生。U-18日本代表で、現在プレミアリーグ得点王

  • 二原尚章

船橋学院高校3年生。現在プレミアリーグ得点ランキング2位。

  • 夏目仙市

船橋学院高校サッカー部監督

  • 北野蓮

青森星蘭高校1年生。U-18日本代表。

青森星蘭高校中等部から進学。

高校進学の際は7つのユースから誘いを受けたが、唯一説教をした青森星蘭高校の成宮監督の元に行く。

足元の技術はピカイチ。視野も葦人並に広い。高校でも日本代表で司令塔。

  • 羽田琉騎

青森星蘭高校3年でキャプテン

東京Vユースのエースであったが、三年時から転校。

東京Vの恵まれた環境に自分が弱くなっていくことを感じ、青森星蘭高校の転向を決意。

青森星蘭高校でも万能型エースストライカーとして活躍。

  • 佐竹晃司

武蔵野蹴球団のユース監督。橘のジュニアユース時代の監督

  • 武藤千秋

東京武蔵野蹴球団ユースチームのキャプテン

  • 中野淳之介

東京武蔵野蹴球団ユース生。かつてアシトらとともにエスペリオンのセレクションを受験するも落選。DF。

  • 金田晃教

東京武蔵野蹴球団ユース生。かつてアシトらとともにエスペリオンのセレクションを受験するも落選。FW

  • 橘都

橘総一朗の双子の姉。東京武蔵野蹴球レディースチームに所属

コメント

タイトルとURLをコピーしました