アオアシ第33巻のまとめと感想:福田達也監督のスペインリーグ時代の回想

アオアシはプロサッカー選手を目指す主人公のアシトが名門のプロチームの下部組織のユースチームで奮闘する物語となっています。私が最も好きなマンガの1つで本格的な内容と主人公の特徴的なスキルによって、物語が展開されます。ぜひ「アオアシ」の魅力を知ってもらいたいと思い、ブログにしてました。今回のテーマは「福田達也のスペイン時代の回想」。前の巻から続いていた福田達也のスペイン時代の物語がクライマックスに突入します。また、福田花が遂に葦人へ・・・・。

それでは、まとめと感想を書いていきます。

この記事が参考になる方

  • スポーツマンガが好きな方
  • アオアシが気になる方、読んでみたい方

アオアシ第33巻の概要

アオアシ第33巻は一言で言えば、

「福田達也監督のスペインリーグ時代の回想」

簡単にまとめると以下のとおり。

  1.  サバテルはバルセロナのアウェイ戦で、チームメンバーはバルセロナサポーターの熱狂に驚くが、福田達也は楽しむ。
  2. 福田花と父親はバルセロナのカンプ・ノウ周辺を散策し、花は「ディズニーランドみたいな場所」と表現した。
  3. 福田達也は9万人収容のスタジアムで喜びを感じ、先制点を挙げる。
  4. 栗林は現地で観戦し、サッカーに生き続ける決意をする。
  5. 試合後、福田達也のプレースタイルに感化されたデミアン・カントは栗林と再度対決
  6. しかし、福田達也は怪我でバルセロナ移籍の可能性が消え、引退する。
  7. 福田花は葦人へスポーツ外科医になる夢と恋心の葛藤を話す。
  8. 福田達也は葦人へ世界に出て活躍し、キャリアの最終版に日本への帰国を勧める。
  9. エスペリオンメンバーはカタールの世界大会に向かう飛行機で、葦人は現地の食事を楽しんだ後、デミアン•カントと出会い、物語は幕を閉じる。

アオアシ第33巻の感想

この33巻はなんといっても「福田達也の選手時代の活躍とケガによる挫折」です。加えて、「福田花の恋心と夢の話」がキュンキュンします。

物語は福田達也のサッカーへの情熱と挑戦を描いています。サッカーに対する情熱や努力が成功につながる一方で、怪我や夢の葛藤など、リアルな側面も提示。夢への追求が物語全体に根底にあり、それぞれが自身の道を模索しながらも、お互いに支え合い成長していく姿が感動的です。登場人物たちの成長や夢への情熱が、読者の心を鷲掴みにし、物語が終わるころには感情的な共感を生む素晴らしい物語だと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました