アオアシ第11巻から15感のまとめと感想!「武蔵野ユースの葦人、冨樫、竹島の奮闘と成長!エスペリオンが熱戦制す」

武蔵野ユースは熱い闘いを繰り広げ、特に葦人、冨樫、竹島の守備陣が光り、葦人の斜めランが攻撃に活路を開くなど、エスペリオンの戦いは見どころ満載。Bチームが4対2で制する中、福田監督は大友、黒田、冨樫、葦人をAチームに昇格させ、彼らの成長を促進。ユースからトップに昇格する選手たちの活躍と、対戦相手との激闘を追いながら、サッカーと成長の物語が描かれています。

11巻から15巻の見どころ

  • 武蔵野ユース、熱戦の渦中で輝く。冨樫と竹島が不屈の守備を展開し、葦人の斜めランが敵陣を破壊する。Bチームはエスペリオン相手に劇的な4対2の勝利を手にし、福田監督が大友、黒田、冨樫、葦人をAチームに引き上げ、未来への道を拓く。
  •  ユースで輝く武蔵野。福田監督が大友、黒田、冨樫、葦人をAチームへと昇格指示。葦人は伊達ヘッドコーチへの感謝の意を胸に、オシム式パス回しで個性を発揮。一方で栗林は焦りを振り払うためユースに戻り、エピソードは次なる高みへと続く。
  • エスペリオンと柏大商業、激闘の舞台。柏大商業のプレッシャーに圧倒されながらも、葦人はエスペリオンの技術に感動。怪我からの復帰で劇的な登場を果たし、阿久津の守備が試合を導く。エスペリオンが栗林の活躍で4対2で勝利し、ドラマは感動のクライマックスへ。
  • プレミアリーグ初陣、葦人が守備の不足でベンチ外。だが、夜の特訓で結束を深め、Aチームへの昇格が決定。葦人の成長と共に、福田監督のサブ強化誓いが試合へと燃え上がる。栗林から授かったサッカーノートが葦人に灯す新たな光。
  • 高円宮杯U-18プレミアリーグ。武蔵野ユースの躍進。青森星蘭が1位で優勝、エスペリオンは無敗首位。代表戦での戦線離脱が迫る中、エスペリオンからの選出者が輝きを放つ。東京V戦では主力不在にもかかわらず、一年生DFが奮闘し、冨樫の攻撃に期待がかかる。酒井のラストシュートで幕を閉じ、感動の幕開け。

11巻のまとめ

武蔵野ユースは激しい試合展開。冨樫や竹島らの守備が評価され、葦人の斜めランが攻撃に活路を開く。エスペリオンが3人のフリーから得点し、最終的に4対2でBチームが制す。福田監督は大友、黒田、冨樫、葦人をAチームに昇格させ、成長を促す。

12巻のまとめ

武蔵野蹴球ユースが活躍し、福田監督が大友、黒田、冨樫、葦人をAチームに昇格指示。葦人は伊達ヘッドコーチに感謝。佐竹監督も葦人を評価。Aチーム昇格後、葦人はオシム式パス回しで巧みなプレー。レギュラー組に入り、成長を遂げる。一方、栗林はトップチームからユースに戻り、焦りの防止が理由と福田達也ユース監督が説明。葦人は先読み力で周囲を驚かせ、Aチームでの喜びを隠せない。練習中に葦人がAチーム入りを志願し、福田監督が条件を提示。葦人は体が自然に動き、成功。桐木から認められ、青井はプレミアリーグで補欠入り。

13巻のまとめ

エスペリオンと柏大商業が激突。柏大商業の11人による強烈なプレッシャーに葦人が圧倒感じるが、エスペリオンは技術で優位に立つ。平の怪我で葦人が後半から登場し、義経のゴールで先制。柏大商業も反撃するが、阿久津の守備で難なく阻止。福田監督は阿久津へのコーチングを要求。L字型の守備形態が安定をもたらし、栗林の活躍で追加点。葦人と阿久津の奮闘でエスペリオンが勝利し、栗林の抱擁で試合終了。

14巻のまとめ

プレミアリーグ初戦で葦人が守備不足に気づき、福田監督からベンチ外通告。小早川の復帰でレギュラーが揃う。葦人は練習で小早川の実力に気づく。福田監督はサブ強化を誓い、黒田や大友は伊達ヘッドコーチのアドバイスを受ける。葦人は守備の向上を冨樫に依頼。福田監督が現れ、葦人を含む守備陣に特訓を課す。夜の練習での連携が向上し、Aチームの試合へ。栗林から渡されたサッカーノートに触発され、目標を高く掲げた葦人。ユース選手権でエスペリオンが見事優勝。

15巻のまとめ

高円宮杯U-18プレミアリーグ結果:1位青森星蘭(勝ち点33)、2位エスペリオン(勝ち点31)、3位船橋学院(勝ち点28)。青森星蘭は「I.H」を優勝し、プレミアリーグ制覇目指す。エスペリオンは無敗で首位となり、青森星蘭の最大のライバル。代表戦で主力4人が抜け、エスペリオンから義経、山田、阿久津、高杉が選ばれた。東京V戦では主力不在で苦しむも、一年生のDF陣が奮闘。冨樫の攻撃意識も実り、桐木を中心に追い上げるが、酒井のシュートで試合終了。

感想

物語は若きサッカー選手たちの成長と挑戦の軌跡を追い、様々な試練に立ち向かう姿勢が感動的だ。特に、葦人の斜めランや冨樫の攻守にわたるプレー、そして福田監督の指導が印象的。困難に直面しても、仲間たちの協力と努力で克服する姿勢が勇気を与えられる。戦術やトレーニングの描写も細かく、サッカーに興味がなくても引き込まれる。キャラクターたちの個性も魅力で、それぞれが成長していく様子が見逃せない。物語の展開もスリリングで、試合の緊張感や感動が引き立っている。全体を通して、青春とスポーツの融合が描かれたこの物語は、期待を裏切らない感動作だ

コメント

タイトルとURLをコピーしました