アオアシ第12巻のまとめ「葦人の成長と挑戦」

アオアシはプロサッカー選手を目指す主人公のアシトが名門のプロチームの下部組織のユースチームで奮闘する物語となっています。私が最も好きなマンガの1つで本格的な内容と主人公の特徴的なスキルによって、物語が展開されます。ぜひ「アオアシ」の魅力を知ってもらいたいと思い、ブログにしてました。今回のテーマは「第12巻のまとめと感想」。

この記事が参考になる方

  • スポーツマンガが好きな方
  • アオアシが気になる方、読んでみたい方

アオアシ第12巻の感想

福田監督の指示でAチームに昇格した大友、黒田、冨樫、葦人。この4人が奮闘する姿が描かれています。特に葦人は自分の能力を遺憾無く発揮され、成長していく姿が印象的。

また、二軍コーチの伊達に感謝の意を伝えるシーンもツーンとくる。葦人は技術不足に悔しさを感じつつも、先読み力に周囲が驚く。その後、Aチーム練習でレギュラー組に昇格した葦人は喜びを隠せず、黒田は厳しい状況に。さらに、オシム式パス回しでレギュラー入りを志願する葦人は、福田監督の条件をクリアし、自身の先読み力を披露。桐木から名前を確認されるぐらい上手くいく。物語は次節のプレミアリーグの柏大商業高校に向けて進む。

アオアシ第12巻のまとめ

  • 大友、黒田、冨樫、葦人が武蔵野蹴球戦の活躍によりAチーム昇格
  • 葦人は伊達ヘッドコーチに感謝し、佐竹監督からの賞賛も受ける
  • 散歩中、花と出会い、花が葦人に抱きしめたりキス
  •  エスペリオンではACL後、高校生の栗林がユースに戻り、福田監督の理由は経験と怪我防止
  • Aチーム練習でオシム式パス回し、葦人と黒田がついていくが、冨樫と大友は苦戦
  • 葦人の先読み力に周囲が驚く
  • 葦人と黒田がレギュラー入りするも、スピードに戸惑い
  • ご飯に誘われた選手たちは栗林の独特な話に驚く
  • 翌日、葦人は感じた瞬間に判断するレギュラー組の発想に興味を抱く
  • オシム式パス回しでの活躍が認められ、葦人はプレミアリーグ次節でレギュラーに

コメント

タイトルとURLをコピーしました