アオアシ第14巻の「まとめと感想」成長と目標への探究

「アオアシ」第14巻は、目標達成への努力や自己成長をテーマにした素晴らしい物語であり、読者には自己啓発や協力の大切さを教えてくれる作品です。物語の展開と登場人物たちの成長に心を打たれる一冊でした。

仲間との切磋琢磨による選手たちの成長

「アオアシ」第14巻では、選手たちの成長と目標達成への道のりが描かれています。葦人を中心に、守備の課題や目標設定に向き合い、個々の成長が見られました。特に、葦人の異なる視点や広い視野が周囲に大きな影響を与え、チーム全体の成長を促しました。

柏大商業高校との対戦を経て、葦人は「このままじゃダメだ」と思います。しかし、怪我が治って戻ってきたら小早川が左SBに座り、完璧な布陣となるエスペリオンユース。葦人が入り込む余地がありませんでした。

福田達也監督はユースの控えとレギュラー陣に差が開いていくことに危機感を覚え、控えを中心にアドバイスをします。

福田達也監督は「強いチームの最大条件はサブも強いこと」といい、サブチームに対して食らいついてこいという。

この言葉を聞いて、黒田と大友はかつてBチームで指導してくれた伊達ヘッドコーチにアドバイスを求める。

冨樫も同様に葦人にアドバイスを求める。葦人の視野の広さに驚きを隠せない冨樫であり、早速練習を始める。この場面はとても面白く、富樫が風呂上がりの竹島と朝利を無理矢理練習場に連れていきます。

そこで冨樫は葦人の視野の広さを学びます。この姿を見た他の一年生のメンバー達は自分たちももっと頑張らなくてはいけないと思うようになります。

14巻の前半は選手達の成長が見れます。また、福田達也監督の言葉に真摯に受け止め、成長していく選手達は熱いです。

栗林の高い目標と周りへの影響

物語の途中で示された栗林の世界一の選手を目指す目標は、葦人に大きな影響を与えます。この言葉を元に葦人は練習の際、選手たちに大きな刺激を与えました。それにより、彼らの意欲やチーム全体の連携が向上し、その成果は最終的にユース選手権での優勝に結実しました。

この巻では、目標設定や自己の課題に向き合い、チームメイトとの協力を通じて成長することの重要性が強調されています。個々の選手たちが自身の弱点や課題に直面し、それを乗り越えるために努力する姿勢が描かれ、その成長の過程が見どころです。

また、チーム全体の強化や連携が物語の核となっており、誰一人取り残されることなく、全員が目標に向かって前進していく姿が魅力的でした。

「アオアシ」第14巻は、目標達成への努力や自己成長をテーマにした素晴らしい物語であり、読者には自己啓発や協力の大切さを教えてくれる作品です。物語の展開と登場人物たちの成長に心を打たれる一冊でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました