アオアシ第16巻の概要

アオアシ第16巻では、エスペリオン対東京Vのサッカー試合が中心です。秋山の活躍で失点を防ぐが、ハーフタイムでの話し合いで新たな戦術が提案され、後半はそれを展開します。桐木と遊馬の連携が焦点となり、彼らのプレーによって得点の機会が生まれます。桐木は日本代表レベルのパスを出し続けることを決意し、大友の投入で攻撃が活性化します。試合終盤には葦人も攻撃に加わり、エスペリオンが2対0で勝利します。選手たちの成長や新戦術の導入、連携プレーが物語の中心をなし、チームの進化が描かれています。

キーとなる戦術「嵌める」とは?

16巻は東京Vとの対戦の後半戦を中心に描かれています。葦人ら一年生はDFラインを守り、横の連携が素晴らしいが縦のバランスが悪く、前半の終わり際に東京Vに崩されます。

三年の小早川とGKで2年生の秋山が1年生らに縦のバランスと先輩をコーチングすることをアドバイスします。加えて、福田達也監督が「嵌める」戦術を授けます。

果たして、嵌めるとは??

この16巻ではサッカーの守備の奥深さを知れる話となってます。私自身も守備には無関心でしたが、奥深さ知れて、より一層サッカーがとても面白くなりました。

16巻を読んでみると、サッカーの守備の奥深さを知れることでしょう。

桐木の技術力高さを発揮

今まであまり登場が少なかった桐木が中心に描かれています。遊馬も「勝手に見捨てないでくださいよ」というぐらいエゴが強い桐木。そんな桐木を中心にサッカーの展開が描かれている話となっています。もちろん主人公の葦人も大活躍し、得点も決めます。そんな面白さが詰まった一冊となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました