アオアシ第30巻の感想とネタバレ「葦人のトップチームとの練習と挑戦」

アオアシはプロサッカー選手を目指す主人公のアシトが名門のプロチームの下部組織のユースチームで奮闘する物語となっています。私が最も好きなマンガの1つで本格的な内容と主人公の特徴的なスキルによって、物語が展開されます。ぜひ「アオアシ」の魅力を知ってもらいたいと思い、ブログにしてました。今回のテーマは「アオアシ第30巻の感想とネタバレ」です。

この記事が参考になる方

  • スポーツマンガが好きな方
  • アオアシが気になる方、読んでみたい方

アオアシ第30巻の感想

物語は緊迫感と感動の連続でした。葦人と司馬の連携、特に栗林との対戦は臨場感がありました。葦人の成長と共感に満ちたやり取りは心に残り、遊馬のゴールでの勝利は素晴らしい瞬間でした。

特に印象的だったのは、葦人は初めて目標にする人物に出会ったことでした。その人物は「司馬明考」。司馬は考える葦そのものであることが判明し、日本人離れした脳の構造であることが明かされました。

また、エスペリオンユースの優勝と国際大会進出がさらなる興奮を予感させ、オフシーズンに向けての展開も気になります。栗林の訴えが物語を締めくくる終わり方は続きが気になる引きでした。

アオアシ第30巻のまとめとネタバレ

3日目の練習でレギュラー組とサブ組が紅白戦。ベテラン40歳の葦人がキラーパスを受け、司馬は感心。しかし、相手の栗林に阻まれる場面も。最大のチャンスで葦人と司馬が連携し、遊馬がゴール。練習後、司馬は葦人にアドバイス。葦人は共感し現役続行を決意。別の場面ではエスペリオンユースが高宮円杯で優勝。国際大会でバルセロナユースと対戦へ。オフシーズンに入り、葦人は愛媛に帰るか検討。栗林はバルセロナユース出場を訴え、巻は終了。

アオアシを無料でもっとも読める方法は?

アオアシを無料でもっとも読めるのは「ebookjapan」がオススメ。下記のサイトを比較した結果、唯一無料の単行本が読めます(2023.9.2現在)。

ただし、アオアシは定期的に10冊以上の無料キャンペーンを楽天koboやkindle、ebookjapanで行うときがあります。定期的に行うので、今後もXで情報発信していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました