アオアシ16からの20巻の見どころと感想「エスペリオンの軌跡:船橋学院戦の激闘と成長の物語」

アオアシ第16巻から20巻は船橋学院との壮絶な戦いが続くエスペリオンが描かれ、とても魅力的な展開となっています。秋山の守備により東京V戦で失点を防ぎ、ハーフタイムでの葦人の戦術修正が迫られていた。エスペリオンは「はめる」戦術を採用し、後半に一気にボール奪取を狙う。桐木のエゴにもかかわらず、大友のパスから遊馬がシュートで得点。終盤には葦人も追加点を決め、2対0でエスペリオンが勝利。これはエスペリオンの新たな一歩となるのか。という展開となっています

アオアシ第16巻から20巻の見どころ

1. 秋山の守備と葦人の戦術修正:** 東京V戦での秋山の守備により失点を防ぎ、ハーフタイムで葦人がどのような戦術修正を行うのかが注目。

2. 「はめる」戦術の採用:** エスペリオンが後半に入り、「はめる」戦術を用いて一気にボール奪取を狙う。桐木のエゴに挑む展開も見どころ。

3. 遊馬の得点と葦人の追加点:** 大友のパスから遊馬がシュートで得点し、葦人も終盤に追加点を決める。エスペリオンがどのように試合を有利に進めるかが興味深い。

4. 阿久津の孤立と直談判:** 日本代表での阿久津の孤立と、エスペリオンの勝利により苛立ちが募り、直談判を試みる。ノルウェー戦での活躍も見逃せない。

5. 葦人のスタメン出場と中村平の引退:** 船橋戦でのスタメン起用が決まった葦人と、中村平の引退による衝撃。エスペリオンの新たな局面が切り拓かれる。

6. 船橋学院戦の攻防:** 船橋学院の二原の猛攻に苦しむエスペリオン。5レーン理論を用いた攻めや、船橋学院の堅守との攻防戦が繰り広げられる。

7. 阿久津と葦人の成長:** 葦人が阿久津と共に守備に奮闘し、それによる成長が期待される。葦人の新たな一面が描かれる。

8. 栗林のプロ契約と青森星蘭高校の登場:** 船橋学院戦後、栗林がプロ契約し、青森星蘭高校が登場。これからの展開にどのような影響を与えるのかが注目される。

16巻の要点

東京Vに対し、秋山の守備で失点を防ぎ、ハーフタイムで葦人の戦術修正。エスペリオンは「はめる」戦術で後半に一気にボール奪取。桐木のエゴにもかかわらず、大友のパスで遊馬がシュートで得点。葦人も終盤に追加点を決め、2対0でエスペリオンの勝利。

17巻の要点

日本代表で阿久津が孤立し、エスペリオンの勝利で苛立ち募る。阿久津が直談判し、ノルウェー戦で活躍。エスペリオン昇格も報じられ、葦人は船橋戦でスタメン。中村平の引退に衝撃受け、阿久津と高杉の対立も。高杉は栗林に協力を依頼し、仲間のために勝つ決意。巻末では船橋学院戦への期待が高まる。

18巻の要点

船橋学院戦で激しい攻防が繰り広げられ、エスペリオンは二原の猛攻に苦しむ。阿久津が気づき、葦人が大友と共に二原を抑える。栗林の攻撃でエスペリオンが猛攻開始も、高杉の得点はオフサイドでノーゴール。最終的に5レーン理論を駆使した攻めで成功。船橋学院もDFラインを強化し、エスペリオンの攻めに対抗。前半終了前に速いカウンターに対し、阿久津と秋山の守備で凌ぐ。福田監督は葦人の成長に期待し、ハーフタイムで終了。

19巻の要点

船橋学院戦のハーフタイムではトリポネたちが勝利への意気込みを語り合う。後半開始で船橋学院が奇襲を仕掛けるが、エスペリオンは葦人のマンマークで防ぐ。葦人がボールを奪い前線に駆け上がるが、前半終了時の船橋学院の速いカウンターの影響で足が進まない。エスペリオンは5レーンで攻めるも船橋学院がボールを奪い、トリポネによりゴールを奪われる。葦人は守備に専念していたが、衝撃的な失点に絶望。中等部時代のトリポネの孤立や仲間とのつながりが描かれ、船橋学院の実力に圧倒される。プレーが荒れる葦人はトリポネのシュートに挑戦し、レッドカードで一発退場。終盤に阿久津が奮起し、栗林が闘争心を問いかけて物語は終わる。

20巻の要点

船橋学院戦で逆転を許したエスペリオン。栗林が仲間に「闘争心は残っているか」と問う。高杉ら全員が気持ちを込めて応え、再開後はハイプレスでボール奪取。栗林の個人技でトリポネを抜き、5レーンでプレー。最後に高杉からのパスで阿久津がヘディングでゴールを決め勝利。試合後、中村平が引退し、阿久津が葦人に守備を教える。葦人は悔しさと希望を抱きつつ、栗林がプロ契約し、青森星蘭高校が登場する。

感想

エスペリオンの戦いには感動的なドラマが広がります。秋山の守備での失点回避や、葦人の戦術修正には見事な連携と成長が感じられ、後半の「はめる」戦術は緊迫感に満ちています。桐木のエゴに立ち向かう瞬間や、大友のパスから遊馬がシュートで得点する瞬間には、チームの結束力と情熱が躍動しています。一方で、阿久津の孤立や直談判、葦人のスタメン出場と中村平の引退には心の揺れがあり、高杉と栗林の協力を通じて仲間たちが成長していく姿勢が感動的です。船橋学院との攻防戦は緊迫感と興奮をもたらし、5レーン理論の巧妙な使用や阿久津と葦人の守備の奮闘が見どころ。栗林のプロ契約や青森星蘭高校の登場により、物語に新たな展開が訪れることが期待されます。感動と興奮、成長と別れ、未知の未来への期待が交錯する、素晴らしいドラマの展開です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました