エスペリオンユースBチーム、武蔵野蹴球ユースを制す!アオアシ第11巻まとめ

アオアシ第11巻では、熱いサッカーマッチと選手たちの成長が描かれました。試合のハイライトを振り返りましょう。

この記事が参考になる方

  • アオアシのBチームのアシトの奮闘する姿を知りたい方
  • アオアシを読み始めたけど、次の展開が気になる方

金田のシュートを黒田が執念のブロックで危機を回避

試合の前半終わり間際では、武蔵野蹴球ユースの金田がシュートを放ちますが、黒田の頭に激突してゴールをクリア。黒田は怪我を負い、タンカーで運ばれることになりました。

金田はエスペリオンユースの入団試験をつけましたが、最終試験で惜しくも落ちました。詳しくは1、2巻に書いてありますので、参考にこちらの記事を。

葦人は入団試験からの成長した金田とゴールへの執念に敬意を表します。

冨樫の成長と伊達ヘッドコーチの言葉

黒田の執念に衝撃を受けた冨樫は、伊達ヘッドコーチとの対話を通じて、自分自身も変わらなければと思う。

福田監督は伊達ヘッドコーチにBチームを立て直すよう指示します。伊達ヘッドコーチは言葉をかけることが不安だとう。福田監督は選手は未熟であるが、自分たちの指導陣も未熟であると認める言葉をかけます。

後半に入る前、福田監督は葦人に重要な指示を与え、陣形のバランスと淀みについて語ります。葦人はその使命を受け入れ、守備と周囲の選手の指導に励むこととなります。

冨樫、竹島、黒田の躍動による鉄壁の守備

後半が始まり、冨樫、竹島、黒田の協力により守備が安定。これによりエスペリオンユースは攻撃に注力できるようになります。

葦人と朝利のサイドバックが斜めに走る戦術を駆使し、相手の陣形を崩し、大友がシュートで得点。これによりエスペリオンユースがリードを広げます。

勝利と今後の展開

その後、武蔵野蹴球ユースも粘り強く攻めるものの、エスペリオンユースBチームが4対2で勝利を収めます。

試合終了後、福田監督が大友、黒田、冨樫、葦人にAチーム昇格の言葉をかけ、新たな展開へと突き進むことが示唆されました。

アオアシ第11巻では、選手たちの成長と緊迫したサッカーマッチが描かれ、次回の展開が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました