コマンドスクリプトのやり方

バッチファイルって知ってますか?

コマンドスクリプトを使いながら、コードを入力しながら、実行や確認ができて便利。

エラーが起きた時も「%%iの使い方が間違っています」などヒントを出してくれて、ミスがどこなのか分かります。

バッチファイルをテキストファイルのみで作成している方はぜひコマンドスクリプトを使ってみると作業効率が上がります。

この記事が参考になる方

・バッチファイルをテキストファイルのみで作っている方

コマンドスクリプトを設定する

まず左下のwindowsボタンを押します。

次に「windowsシステムツール」の中にある「コマンドプロント」を右クリックします。

「その他」の「ファイルの場所を開く」を押す

コマンドプロンプトをコピーして、デスクトップにショートカットを貼り付ける

下記のようにコマンドプロンプトのフォルダーが開いたと思います。

右クリックをして、コピーをします。

次にデスクトップに貼り付けます。

コマンドスクリプトのプロパティを開いて、作業用フォルダーを空白にする。

次にショートカットのコマンドスクリプトを右クリックして、プロパティを開きます。

プロパティの作業用を空白にします。

これでコマンドスクリプトの設定は完了です。

長かったですね。

おつかれさまです。

試しにtreeコマンドを使ってフォルダー一覧を作っていきます。

コマンドスクリプトを使ってコマンドを打ってみる

コマンドスクリプトのショートカットをフォルダー一覧を作りたい所にコピーする。

コマンドスクリプトにコードを打つ

tree /a /f

実際にやってみると、こんな感じ。

こんな感じでコマンドスクリプトを使用すると、コードの結果が読み取れるので、とても便利です。

バッチファイルを作成するときに、テキストファイルに打ち込み、バッチファイルに変換すると、少々手間がかかりますよね。

コマンドスクリプトを使用すれば、手間が少し減って便利ですので、是非一度使ってみてください。

以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました