ダイヤのA act2の見どころ

漫画・本

ダイヤのA act2は野球漫画で個人的に好きな漫画の1つです。とても見どころがあり紹介し、たくさんの人に読んでもらいたいという思いから、ダイヤのAの2作目の見どころを紹介します。

記事が参考になる方

  • ダイヤのAを読んで、続きが気になる方
  • 新しい野球漫画を探している方

ダイヤのA act2を簡単に紹介

「ダイヤのA act2」は、野球漫画「ダイヤのA」の続編であり、原作は寺嶋裕二によって執筆されました。この続編は、主人公である高校生の野球選手、沢村栄純の物語を描いています。彼は前作「ダイヤのA」での活躍を経て、新たな試練やライバルとの対決に立ち向かうことになります。

「ダイヤのA act2」では、沢村栄純をはじめとする青道高校の野球部のメンバーたちが、全国大会を目指して奮闘します。彼らは個々の能力や戦略を磨きながら、強豪校や強力なライバルとの試合に挑みます。物語は、彼らの成長や団結力、野球への情熱を描きながら、緊張感と感動を伴った展開を追っていきます。

「ダイヤのA act2」は、前作の続きとなり、登場人物の成長や試合の結果、そして彼らの人間関係や絆に焦点を当てた物語となっています。野球ファンや青春ストーリーが好きな方にとって、魅力的な作品となっています。

見どころ1:主要キャラクターの成長

   主人公やライバルチームのキャラクターが成長していく姿が最も見どころな点。技術の変化や心の葛藤なども緻密に描かれており、楽しむことができます。

個人的には、主人公の沢村の成長とライバル高校市大三校の天久の成長が熱い!

例えば、主人公の沢村はストレートがあまり威力なく、外野に運ばれることが多かったです。しかし、トレーニングにより球速をアップさせ、コントロールも身につけます。また、沢村自身が考え抜いて、変化球も身につけます。結果、夏の予選で大活躍を見せます。

一方、ライバルの市大三校の天久は強いバッターの後に時々抜けることがあり、チームが負けることがありました。その際、天久は後悔しますが、何回か繰り返します。しかし、最後の夏の甲子園予選では、ライバルの薬師高校を倒し、青道高校との対戦も大活躍します。

見どころ2:熱戦シーンのハイライト

 物語の中で特に印象的な熱戦シーンや感動的なプレーを紹介します。胸の高鳴りが止まらないぐらい、熱い熱い対戦がたくさんあり、魅力的な野球漫画となっています。

私自身が一番好きな対戦が市大三校と青道高校の対戦。act2では2回も対戦しています。

1回目は青道高校が敗れ、2回目は青道高校が勝利しています。敗れた後に勝つというドラマティックな展開で熱いです!

主人公のライバルの1人。市大三校の天久

 見どころ3:新たなライバルとの対決

新しく登場するライバルチームとの対決シーンや関係性に焦点を当て、ストーリーに緊張感が生まれています。甲子園に出場している他県の高校との対戦が見どころです。

例えば、白龍高校との対戦は面白かった。主人公の沢村が先発し、抑えることができた試合でした。高校内外ともに「沢村ここにあり」と言うぐらいインパクトを与えた試合となっています。

ダイヤのAact2では、その他にも新たなチームやライバルが登場し、インパクトが加わり、面白さが倍増しています。

見どころ4:チームの絆と成長

   チーム内の絆や仲間意識が細く描かれており、それが物語に影響を与えています。例えば、青道高校の三年の控え投手の川上は準決勝前に肘を故障してしまいます。川上は高校で野球を辞めるつもりであり、監督に出場を直訴します。しかし、監督は出場させることはさせませんでしたが、チームは勝利し、甲子園に出場しました。チームが勝利する際、レギュラーの白井は準決勝よ8回裏に同点となるタイムリーヒットを打ちます。白井は川上にまだ終われないよなと思い、なんとか打つことができました。このようにチームとの絆が描れており、ともに成長する姿も描れています。

市大三校から値千金のヒットを打つ白井

見どころ5:未来への展望

 「ダイヤのA act2」は残念ながら34巻で完結していますが、次回以降の続きが期待されています。最終巻で夏の甲子園予選の決勝の戦いを終え、甲子園も描かれていますが、あまり詳細に書かれていません。加えて、入部した1年生の成長も描かれていません。

作者の寺島氏も東の東京地区の決勝戦の鵜久森と帝東との戦いも機会があれば、描きたいと発言しています。以上のことから、「ダイヤのA act3」の展望も期待できることも見どころの一つとなっています。

ダイヤのA act2のまとめ

自分の感想として、ダイヤのA act2は面白い要素、見どころがたくさんあります。ライバル高校と熱い戦いや主人公の沢村を始めとする主要の登場人物の成長、新たなライバルの登場など。魅力をあげるときりがありません。是非、野球が好きな方には読んでもらいたいですし、野球を知らない方でも楽しめる内容となっています。

しかし、初めて読む人には、ダイヤのAの1作目から読むことをオススメ。登場人物や伏線回収など1作目から続きになっていることが多く、

「ダイヤのAを初めて読みたい!」

という方は是非、1作目から読むほうをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました