ディズニー&ピクサーキャラクターズ動く絵本プロジェクターDream Switch2を子どもの寝かしつけに使うようにしたら、最高に寝かしつけがスムーズに!

商品レビュー

少し高い買い物をしてしまいました。

こちら、絵本プロジェクター。

お値段約20000円ちょい。

実際に使ってみて、とてもよかったので紹介します。

実際使ってみて、子供の寝かし付けがとても、とてもスムーズになったので、寝かしつけに困っているパパ、ママにオススメ。

それでは、詳しく紹介します

役に立つ方

・子供の寝かし付けに困っている方

・ディズニー&ピクサーキャラクターズ動く絵本プロジェクターDream Switch2の使い勝手が気になる方。

Dream Switch2を使ってみて

Dream Switch2を実際に使ってみました。

暗闇ではこんな感じ。

実際使ってみて、操作性はよく、画面もきれいです。

電池を入れて、アダプターに繋げると、みっきが話始めます。

そのあと、下の写真のようにお話を選ぶことができます。

まだ「おたのしみ」は試したことがありませんが、お話はたくさんあります。

左側に「E」とついているのが、英語のお話。

4×16=64

のお話がありますが、半分は英語・・・・

少し残念ですが、30種類ぐらいの英語はとてもいいです。

実際に、下記の写真のように映像を写すレンズがついてます。

絞りもついていて、映像の調整が可能です。

壁もしくは天井に写すことができます。

できたら真っ白な壁、天井に写すことをオススメします。

我が家は和室で寝ているので、すこし緑色の壁で映像が少し緑気味に・・・・

天井の場合、電気が邪魔に。

加えて、天井は溝があるので、きれいに写すことができませんでした。

このため、我が家は仕方なく、壁に写してます。

加えて、置く場所に困りました。

ベットの頭のところに置くと不安定。

ベットの上だと体を動かすと、映像が動く・・・

置き場所は模索中です。

総じて、使い勝手はとてもよく、映像もきれい。

機械音痴な私でもすぐ使えました。

子供の寝かし付けに対しての効果

実際、子供への寝かし付けへの効果が疑問でした。

「映像見たら、寝られなくなるのでは?」

という疑問がありましたが、実際はすんなり。

我が家は今まで、寝る前に絵本を読んでいました。

息子ははじめ1,2冊で満足してましたが、年を重ねるごとに10冊、20冊読まないと満足しませんでした。

たまに本棚にある絵本をすべて読むという始末・・

1時間でも終わらない日もたくさんありました。

このままでは、、、、やばいと思い調べてたら、

「ディズニー&ピクサーキャラクターズ動く絵本プロジェクターDream Switch2」

があったので、試しに購入。

それが絶大ですよ。

絵本2,3冊読んだら、

「そろそろダンボ見る?」

と息子に聞くとすんなり、ベットに横になる息子。

映像見た後、すんなり寝ます。

終わりにミッキーが寝る映像が出るのですが、

「ミッキー、ばいばい。また明日ね」という息子。

ああーかわいい息子よ。

話がそれましたが、このDream Switch2を使ってからは、子どもの寝かしつけはすんなり。

我が家は平穏を取り戻しました(笑)

以上です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました