データを削除するdelコマンドの解説

基本的な使い方

delコマンドにはファイルやフォルダを削除する機能があります。使い方は簡単。delの後に削除したいファイル名やフォルダ名を記載するだけです。

コード(使い方)

del [削除するデータ名]

実際にやってます。例えば、下記のように1.txtと2.txtがあるとします。1.txtファイルのみ削除してみましょう。

コード

del 1.txt

コマンドスクリプトの結果はこちら。特に処理の内容が書いてありませんので、フォルダを見てみます。

フォルダの中身を確認すると、1.txtが削除されていることが確認できます。

特定の拡張子のみ消す

特定の拡張子を消したい場合は「*」を使います。「*」はあいまい検索の機能があり、「*」内にはどんな言葉も入ります。

例えば下記のデータ一覧あるとします。このファイルのなかからテキストファイル(.txt)ファイルのみ消したい場合をやってみます。

コード

del *.txt

このコードのように*がつくことで、このコードを和訳すると下記の言葉になります。

〜のテキストファイルを削除する

それでは、実際にコマンドスクリプトで処理します。

コマンドスクリプトの処理内容が表示されないので、実際にデータが削除されているかどうかを確認してみます

意図したとおり、テキストファイルのみ消されました。

すべてのファイルを消す

すべてのファイルを消す時は「*」を利用します。試しに下記のファイルをすべて消してみます

コード

del *

コマンドスクリプトの結果はこちら。今までのコマンドと違い、消していいかどうかの問いがあります。

よろしいですか(Y/N)?って聞かれているので、消す場合は「Y」、消さない場合は「N」と記載します。今回はファイルを全て消しますので、「y」と記載します。

結果は下記のとおりすべてのファイルが消えました。

確認メッセージを表示、非表示にする

前節ですべてのファイルを削除するときに確認メッセージが表示されました。確認メッセージを常に表示する方法と表示しない方法はオプションをつけるとできるようになります。

確認メッセージを表示するオプションと表示しないオプション

/p 確認メッセージを表示する。
/q 確認メッセージを非表示にする

下記のコードをコマンドスクリプトで実行してみます。

コード

del /p 5.bat

コマンドスクリプトの結果はこちら。確認メッセージが表示されました。

「y」を入力し、ファイルを削除します。

下記のフォルダのとおり、5.batのデータが削除されました。

次に確認メッセージを表示しない方法です。「/q」オプションをつけた下記のコードを実行します。

コード

del /q *

コマンドスクリプトの結果はこちら。前節の「del *」では確認メッセージが表示されましたが、今回は確認メッセージを表示していません。

サブフォルダ内のデータも削除する

delコマンドでは自分があるフォルダ内のデータしか削除できません。例えば下記のように「1.txt」のファイルが2つあるとします。両方削除したい場合、「del 1.bat」では2つのファイルは削除されません。

サブフォルダ内のファイルも削除したい場合は「/s」を使用します。

コード

del /s 1.txt

コマンドスクリプトの結果はこちら。「c:\bat\del」と「c:\bat\del\サブフォルダ」のデータが削除されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました