ニトリのベットの組み立て。自分でやったほうがお得!上手にやるコツを紹介。

お得情報

今日はニトリネットでベットを購入し、自分で組み立たので、上手にやるコツを紹介。

2つのベットを組み立てので、この経験を踏まえ、紹介します。

組み立ては以外に簡単!

合わせて、組み立て手順とベットのいい所を今後紹介してます。

記事を作成したらリンクを貼っときます。

購入時、自分で組み立てようか業者に外注しようか迷いました

外注すると1900円かかるので、時間単価を考えると外注のほうがお得?

とも考えました。

結果、経験だと思って、自分で組み立てましたので、読んで頂けたらと思います。

この記事を読むオススメの人

ニトリのベットって組み立てようか、外注しようか迷ってる人

組み立てが好きだが、ベット組み立ては難しくないの?と思っている方

必要な道具

カッター(必須)。

電動ドリルの六角レンチ(あれば)

ベットを組み立てるナットを締める「六角レンチ」は同封済みなので、電動ドリルがあれば便利です。

私は付属の六角レンチを使用しました。

組み立て所要時間は60分

開封20分

組み立て20分

ごみ処理20分(片づけ10分、束ねる5分、ごみ捨て5分)

計60分

組み立て費用(外注費用)は1900円。

時給1900円の仕事でした。

時間単価が1900円以上の人は外注したほうがお得ですね。

組み立てが好きな方や時間単価1900円以下の人は、自分で組み立てたほうがお得になります。

組み立て時のコツは4つ

  • コツ1:最初に説明書とナットが入っている段ボールを開ける
  • コツ2:すべての段ボールを開ける
  • コツ3:組み立てた後の形にして、部品を置く。
  • コツ4:ネジを下のみつける

それでは詳しく組み立て時のコツを解説していくよ。

コツ1:最初に説明書とナットが入っている段ボールを開ける

この細長い段ボールに組み立て書が入っています。

まずこの段ボールを開けてもらえれば、全体の組み立ての流れがわかります。

段ボールが空いた状態がこの写真です

赤〇の段ボールに説明書と部品が入ってます。

近接写真がこれ。

「部品在中」と書いてある一方、「説明書在中」は記載がありませんが、この中に説明書があります。

中身はこれ。

説明書と保証書とナット、六角レンチが入ってます。

コツ2:すべての段ボールを開ける

説明書を取り出したら、全てのダンボールを開けましょう。

ダンボールは全部で4つあります。

大量の段ボールがでて処理が少し大変でした

段ボールの束ね方を今後記事にしていきます。

とても楽な方法があるので、皆さんの役に立ちます

コツ3:組み立てた後の形にして、部品を置く。

この説明書のとおり、ヘッドボードとフッドボードをサイドレールで組み立てネジつなぎます

事前にベットを置く場所にヘッドボードとサイドレール、フッドボードを置くと後々の作業が楽です

この写真(散らかっててすみません(-_-;))のとおり、サイドレールをフッドボードのネジ穴の近くに置くことがコツです。

ヘッドボードも同様にサイドレールのネジ穴の近くに置きましょう!

コツ4:ネジを下のみつける

サイドレールとボード(ヘッド、フッド両方とも)をネジでつける際、1か所あとり2つのネジを付けます。

説明書にネジで仮止めをすると書いてありますが、1か所に2つ付けるとサイドレールが外れた時に再度付けづらくなるというデメリットがあります。

このため、ネジを下のみつけると、ヘッドボードとサイドレール、フッドボードをつけやすくなり、作業がスムーズに。

説明書(参考に)

材料一覧(参考に)

サイドレール

フッドボード

説明書とネジ、六角レンチが入った袋

すのこ

フッドボード

まとめ

以上、ニトリのベットの組み立てのコツについて紹介しました。

今後、組み立て方法とベットの良かったところ、悪かったところを記事にしていきます。

最後までよんでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました