ファイルをコピーするcopyコマンド

BASH,bat,バッチ

copyコマンドの使い方

copyコマンドはファイルをコピーするのに使用します。

使い方

copy [オプション] [コピー元ファイルの名前] [コピー先のファイル名]

実際にやってみましょう。

下記のようなテキストファイル「copymoto.txt」を用意します。

次に下記のコードをコマンドスクリプトに打ち込みます。

copy copymoto.txt copyato.txt

コマンドスクリプトの結果はこちら。

1個のファイルをコピーしました。と書いてあります。下記のとおり、フォルダの中にファイルがコピーされていることが分かります。

別のフォルダにコピーする場合

別のフォルダにコピーする場合はファイル場所を明記する方法があります

ただし、違うドライブにコピーする場合は「xcopy」を使用します。

ファイル名を同じにしてコピーする

例えば、下記のように「copymot.txt」ファイルをフォルダ「コピー先」へコピーします。

コマンドプロンプトを開き、下記のコードを打ち込みます。

copy copymoto.txt コピー先

コマンドプロントの結果はこちら

1個のファイルのコピーに成功しました。コピー先のフォルダ内に下記のようにデータが入っています。

ファイル名を違う名前にして保存する場合

もし、違う名前で保存したい場合は下記のように、フォルダ名の後に「\」とファイル名を打ち込めば大丈夫です。「\」のコマンドプロンプト上の表示は半角の「¥」となっています。

copy copymoto.txt コピー先\copysaki.txt

コマンドプロンプトの結果はこちら。

フォルダ内を見ると、ファイルがコピーされていることが確認できます。

1つ前のフォルダにコピーする場合

1つ前のフォルダにコピーしたい場合は「..」を使います。例えば、下記のように1つ前のフォルダにcopymoto.txtファイルを移動します。

コードはコピー先を..\と入力すれば、1つ前のフォルダにコピーすることができます。

copy copymoto.txt ..¥

コマンドスクリプトの結果はこちら。

コピーに成功しました。フォルダの中にもコピーされていることが確認できます。

ひとつ前は「..¥」でしたが、二つ前は「….¥」です。もし、ドライブを変えて、コピーしたい場合は「xcopy」コマンドを使うとできます。

確認なしでコピーする

コピーする時に同じファイル名があると、上書き保存するかどうかの確認があります。

いちいちyと打ち込む必要があるので、少し手間がかかります。

このいちいち聞いてくる手間を減らす方法はオプション/yをつけることで解決します。

複数のファイルをコピーする

下記のように複数のテキストファイルがあり、その中から「1」とついたファイルのみをコピーします。

複数のファイルをコピーする時は、あいまい検索の「*」を使用します。

copy copymoto*1*.txt コピー先

コマンドスクリプトの結果はこちら。3つのファイルがコピーされていることがわかります。

本当にコピーされているかどうかを確認するためにフォルダの中身も確認します

フォルダの中にファイルがコピーされていることがわかります。

すべてのファイルをコピーする

「*.*」を使用するとすべてのファイルをコピーすることができます。コマンドスクリプトの結果はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました