ファイル一覧を簡単に作りたい方必見。バッチファイルやコマンドスクリプト

仕事でファイル一覧を作りたいけど、いちいちメモするのがめんどくさい!

という人にオススメしたい方法があります。

私も新人の時はやたら、ファイル一覧を作った記憶があります。

あまり効率いいやり方ではありませんが、1つ1つファイル名を見て一覧を作ってました。

簡単なやり方ですので、ぜひご一読を。

参考になる方

  • ファイル一覧を作りたいけど、いちいち書くのがめんどくさくて、やってられないと思ってる方
  • 繰り返し、ファイル一覧を作成している方

ファイルを一覧を作る方法

ファイル一覧を作る方法は下記のとおりです。

詳しくは後述しますが、簡単にまとめました。

  1. テキストファイルに「dir /b > list.txt」と打ち込む
  2. テキストファイルをバッチファイルに変える
  3. ファイル一覧を作りたいけどフォルダーにバッチファイルを移動する
  4. バッチファイルを移動させる

バッチファイルって何?作り方がわかないという人は下記の記事で解説していきます。

バッチファイルでファイル一覧を作る方法

それではやり方を解説していきます。

基本的にはWindowsの方は全員ができます。

テキストファイルのみを使用します。

テキストファイルに「dir /b > list.txt」と打ち込む

まず、テキストファイルを作り、テキストファイルに「dir /b > list.txt」と打ち込みます。

dir /b > list.txt

テキストファイルをバッチファイルに変える

コード打ち込んだだいるを保存を行います。

一度閉じて、「~~.txt」を「~~.bat」に変更します。

拡張子が出てこない人は下記の記事が参考になります。

これで完成。

このバッチファイルをダブルクリックすると、「list.txt」フォイルが出来上がります。

このテキストファイルを開くと、下記のようにファイル一覧ができます。

他にもフォルダー一覧を作りたいところがある場合は、このバッチファイルを移動させれば、どんな所でもファイル一覧を作ることができます。

フォルダーとファイルをツリー状にしたい方に

フォルダーやファイルをツリー状に一覧を作りたい方は下記の記事が参考になります。

まとめ

以上でファイル一覧を作りたい方には必見のdirコマンドの使い方を解説しました。

まとめると、

  1. テキストファイルに「dir /b > list.txt」と打ち込む
  2. テキストファイルをバッチファイルに変える
  3. ファイル一覧を作りたいけどフォルダーにバッチファイルを移動する
  4. バッチファイルを移動させる

dirコマンドは他にも使い方があるので、今後記事にしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました