フォルダを移動するcdコマンド

cdコマンドの使い方

cdコマンドはフォルダ間を移動するコマンドです。chdirコマンドと同じです。

コード

chdir(cdでもいい) [移動するフォルダ]

実際に下記のフォルダを例にしてやってみましょう。

フォルダ構成

フォルダの移動

まず「1」のフォルダに移動する例を解説します。単純にcdコマンドの後にフォルダ名の「1」を入れれば移動できます。

コマンド

cd 1

コマンドプロンプトの結果はこちら。フォルダ「1」に移動したことが分かります。

cd 1

コマンドプロンプトの結果はこちら。フォルダ「1」に移動したことが分かります。

cdコマンドの処理後、「>]の前が変化していることが分かります。

前 c:\bat\cd>

後 c:\bat\cd\1>

図示すると、下記の赤矢印のように移動しています。

1つ前のフォルダの移動

1つ前のフォルダに移動するときは「..」を使います。

コード

cd ..

コマンドスクリプトの結果はこちら。フォルダ「1」から前のフォルダに移動していることがわかります。

cdコマンドの処理後、「>]の前が変化していることが分かります。

前 c:\bat\cd\1>

後 c:\bat\cd>

図示すると、下記の青矢印のように移動しています。

2つ先のフォルダの移動

2つ先のフォルダに移動する場合は「¥」を使います。下記の例ようにフォルダ「1」の中にある「1-1」に移動するときは「1¥1-1」と書きます。

コード

cd 1\1-1

コマンドスクリプトの結果はこちら。

cdコマンドの処理後、「>]の前が変化していることが分かります。

前 c:\bat\cd>

後 c:\bat\cd\1\1-1>

1つ前の違うフォルダの移動

1つ前の違うフォルダを移動するときは「..」と「¥」を組み合わせます。下記のように「1」フォルダから移動①で前のフォルダに移動。そのあと、「2」フォルダに移動②で移動します。

移動①が「..」、移動②が「¥2」となります。

コード

cd ..2

コマンドスクリプトは結果はこちら。

cdコマンドの処理後、「>]の前が変化していることが分かります。

前 c:\bat\cd\1>

後 c:\bat\cd\2>

コメント

タイトルとURLをコピーしました