フォルダ名を時系列にして、名前を自動入力するやり方

私が勤めている会社は営業所や他の部から来たデータをフォルダを作成し、時系列に保存してます。

例:220818_【大阪】大阪営業所顧客データ

その都度、いちいち打ち込むことがめんどくさかったので、バッチファイルで簡素化したので、紹介します。

また、他の人も使ってもらうために、コメントや入力用に表示させました。

誰でも使いやすい仕様になっているので、ぜひご活用して貰えたらと思います。

ツールの使い方

このツールの使い方はとても簡単。

バッチファイルというファイルを作り、クリックもしくはフォルダ内に入れたいデータをバッチファイルにドラッグするだけ。

クリックする場合はこんな感じ

1. バッチファイルをクリックすると、入力してくださいと出ます。

2.任意の数字を選び、Enterボタンを押すと、自動的にフォルダーが作成されます。

ツールの作り方

・バッチファイルの作成(こちらの記事を参照

・バッチファイルをクリック。

・もしくはフォルダに入れたいファイルをバッチファイルへドラッグする。

このバッチファイルって何?と思う方は今後記事にしていきます。

バッチファイルのコード

@echo off
color f0

rem 「日付」の取り出し
set YY=%date:~2,2%
set MM=%date:~5,2%
set DD=%date:~8,2%

rem 切り出した文字列を結合
set footer=%YY%%MM%%DD%

rem ユーザーに入力してもらう
echo -
echo -   半角英数字を入力してください
echo -
echo ------下記入力後の出力内容-----------
echo -------------------------------------
echo -       a  → 経理部             -
echo -       b  → 企画部             -
echo -       0  → 【】なし          -
echo -       1  → 札幌                 -
echo -       2  → 仙台                 -
echo -       3  → 郡山                 -
echo -       4  → 新潟                 -
echo -       7  → 金沢                 -
echo -       8  → 水戸                 -
echo -       9  → 高崎                 -
echo -       10 → 鹿沼                -
echo -       11 → さいたま         -
echo -       12 → 横浜                -
echo -       13 → 川崎                -
echo -       14 → 品川                -
echo -       15 → 船橋                -
echo -       16 → 松本                -
echo -       17 → 甲府                -
echo -       18 → 大阪                -
echo -------------------------------------

echo フォルダー名は「日付_【地域名】ドラックした1番目のファイル名」となります。
echo ※ドラッグしたファイルは10個までフォルダ内に移動します

rem 入力コードset/p変数=
set /p ui=

rem 条件分岐で地域名を判別し、uiの変数の中身の変更
if %ui%==1 (set ui=【札幌】
)else if %ui%==2 (set ui=【仙台】
)else if %ui%==3 (set ui=【郡山】
)else if %ui%==4 (set ui=【新潟】
)else if %ui%==7 (set ui=【金沢】
)else if %ui%==8 (set ui=【水戸】
)else if %ui%==9 (set ui=【高崎】
)else if %ui%==10 (set ui=【鹿沼】
)else if %ui%==11 (set ui=【さいたま】
)else if %ui%==12 (set ui=【横浜】
)else if %ui%==13 (set ui=【川崎】
)else if %ui%==14 (set ui=【品川】
)else if %ui%==15 (set ui=【船橋】
)else if %ui%==16 (set ui=【松本】
)else if %ui%==17 (set ui=【甲府】
)else if %ui%==18 (set ui=【大阪】
)else if %ui%==0 (set ui=""
)else if %ui%==a (set ui=【経理部】
)else if %ui%==b (set ui=【企画部】
)else (
 echo 半角数字で入力してください
)

rem 日付と地域名をフォルダ名へ結合し、ファイルを作成
rem ドラッグしたファイル名を取得する%~n1
md %footer%_%ui%"%~n1"

rem ドラッグしたファイルを作成したフォルダへ移動する
move %1 %footer%_%ui%"%~n1"
move %2 %footer%_%ui%"%~n1"
move %3 %footer%_%ui%"%~n1"
move %4 %footer%_%ui%"%~n1"
move %5 %footer%_%ui%"%~n1"
move %6 %footer%_%ui%"%~n1"
move %7 %footer%_%ui%"%~n1"
move %8 %footer%_%ui%"%~n1"
move %9 %footer%_%ui%"%~n1"
move %10 %footer%_%ui%"%~n1"

この名前はいらないなーと思う人やこの機能を追加して欲しいという方はぜひぜひコメントを寄せてください。

できるかわからないですけど、積極的に作っていきます。

それぞれのコードは別ページで解説します。

下記のとおりリンクを貼りますので、参考に。(今後記事にいていき、リンクしていきます。)

echo  文章を表示させる

color  背景を変える

rem  コメントを残す

set   変数を設定する

date 日にちを取得する

set /p ui=   入力をさせる

if   条件分岐

else if  条件分岐を追加

md  フォルダを作成する

move  ファイルを移動する

以上です。

私は現在職務を楽にするために、プログラミングを学習しています。

その過程で、便利だなー、楽になったなーツールを紹介します。

もし、こんな機能があればいいなーと思うことがあれば、下記の質問にコメントをよしてください。

まだまだ実力半ばで作業に時間がかかりますが、読者の皆さんにお役にたてるプログラミングツールを作り、記事で紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました