ワクチン接種2回目「1回目と違いと副作用について」

新潟での生活

今日は2回目をのワクチンを打ちましたので、打った後の副作用について話して聞きたいと思います。

大規模摂取会場の朱鷺メッセでの打つ内容については一回目とあまり変わりはなかったので、簡単に説明したいと思います。

一回目の記事はこちらから

その後、副作用すごくあったので、そちらを詳しく話してしていきたいと思います。

あくまで私個人の体験なので、他の人とは違うとは思います。

一回目との違いですが、以下の通りです。

  • まとまる人数の違い
  • 体温測定の自動化、シールも自動化

・まとまる人数の違い

以前は15人くらいのまとまりでした。

今回は30ぐらいでまとまりでした。

少し多めの人数でした。

・体温測定の自動化、シールも自動化

一回目は体温測定はスタッフの人が測定し、もう一人のスタッフがシールに測定結果の体温を記入してました。

2回目のときは、熱を測ることも自動化しており、カメラに顔向けて測定しました。

測定結果もシールに自動印字されました。

スタッフも以前と比べ、人数か減ってました。

副作用の流れ

副作用の流れですが、以下のとおりです。

私は31歳の体型普通の男です。

また、解熱剤は飲みませんでした。

年齢や性別で変わるとは思いますが、参考になればと思います。

初日

初日は肩の痛みが始まり、だるさ、寒気が来て、夜は熱が出ました。

食欲は出なく、ウイダーinゼリーやプリンなどを食べてました。

以下初日の流れです。

  • 摂取後3時間:肩が痛くなる
  • 摂取後4時間:だるさがでてくる
  • 摂取後6時間:頭痛、体のだるさ、節々の痛みがでる。
  • 摂取後11時間後:熱が出る。体温37.8度。
  • 摂取した夜:1時間ごとに起きる。体温38.8度。

2日目

2日目は朝は熱が収まらないで辛かったですが、午後には動き回ることができました。

以下2日目の流れです。 

  • 2日目の朝:熱が収まらない。頭痛が始まる。体温37.7度。
  • 2日目の午前中:熱が収まるが、頭痛が酷くなる。
  • 2日目の午後:熱は平熱に。頭痛が残る
  • 2日目の夜:頭痛が続くが、痛みがだんだん引いていく

3日目と全体の感想

  • 3日目の朝:完全復活!

インフルエンザと比べて

私は解熱剤を飲みませんでしたが、インフルエンザより楽だったと思います。

私の場合、インフルエンザの時は布団に寝たきりで動くがままならないときがありました。

今回のコロナワクチンでは、動き回ることは可能だし、割かし元気でした。

まとめ

私個人が体験したコロナワクチンの2回目を紹介しました。

あくまで私個人の体験のため、これからワクチンを打つ方の参考になればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今後も読者の方に有益になるような情報を発信していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました