入門講義14.他のバッチファイルを起動させる

BASH,bat,バッチ

入門講義14では他のバッチファイルを起動させる方法を解説します。

この講義を学ぶことで、今まで作ってきたバッチファイルをダブルクリックをする

他のバッチファイルを起動するコマンドとして、call及びstartコマンドがあります。2つのコマンドの違いは下記のとおり。

・call 1つずつバッチファイルを起動させる

・start 複数のバッチファイルを同時に起動させる。

今回はこのコードについて解説します。

同じフォルダ内のバッチファイルを起動させる方法

2つのバッチファイルを起動させる

まず2つのバッチファイルを用意します。

簡単に表すためにechoのみのコードにしています。

echo 1

echo 2

次にcallコマンドの内容は下記のとおり。

call echo1.bat
call echo2.bat

フォルダ内は下記のとおりになっています。

コマンドプロンプトを開き、callコマンドバッチを起動させます。

下記のとおり起動したことがわかります。

1つずつバッチファイルを起動させる

コード1,コード2に少し追記します。

「pause」を足します。

echo 1
pause

echo 2
pause

コマンドプロンプトで起動させ、call.batを起動させます。

echo 1のコマンドが起動した後にpauseで待っている状態になっています。

キーを適当に入力すると、

このような画面になり、echo 2のコマンドが起動しました。

Echo1.bat▶echo2.batの順番で起動したことがわかります。

Callコマンドはバッチファイルを順番に起動しますが、同時に起動するコマンドとしてstartコマンドがあります。次節で解説します。

Startコマンドでバッチファイルを起動する。

まずstartコマンドを下記のとおり作ります。

start echo1.bat
start echo2.bat

Echoのコードは下記のとおり。

echo 1
pause

echo 2
pause

それでは実際にstartコマンドを実行してみましょう。

この例が示すように、startコマンドは同時に起動していることがわかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました