新潟市マリンピア日本海の年パスがおすすめ

新潟おすすめスポット

みなさん、こんにちわ。

今日は新潟市マリンピア日本海に行ってきて、子育て世帯にはとてもおすすめしたかったことがあったので、記事にしました。

私は雨の日は必ず息子と行ってるぐらい、おすすめしたい施設です。

お勧めする理由は年パスのコスパがいいことです。

大人の料金は1日券1500円に対して、年パスは3500円です。

プラス2000円で1年間施設を使い放題で、子供もいっぱい遊べます。

それでは詳しく施設や料金などについて紹介していきたいと思います、

マリンピアの特徴

建物が入り組んでおり、空間の感じが変わり、とてもおもしろいです。

コロナの影響で平日のみりようしかできませんが、子供遊具があります。(休日は使用不可)

また、海が近く、マリンピア日本海からの海で時間が潰せます。

ただ特別なイベントをやらないため、5回ぐらい行くと飽きてきますが、、、

地図は下記にパンフレットの写真を紹介します。

マリンピア日本海の案内図

年パスの料金、1日券との比較

パンフレットの裏面を下記写真に掲載しました。

これを見てわかるように、3歳以下は無料で、4歳から小学生までは1日券200円、年パスは400円です。

小中学生も1日券600円で、年パスは1300円です。

先ほどの書きましたが、大人の料金は1日券1500円に対して、年パスは3500円です。

プラス2000円で1年間施設を使い放題で、子供もいっぱい遊べます。

新潟市内では数少ない雨でも行ける施設なので、とてもおすすめです。

次、おすすめ施設について紹介していきます。

すごく個人的な感想のため、一般的ではないかもしれませんが、参考になればと思います。

おすすめ施設1:入口すぐ水槽(潮風の風景内)

ここはサンゴなどの海岸の生き物たちを紹介してます。

うちの息子は入口、入ってすぐの水槽のカラフルな魚とヤドカリをいつも見てます。

うちの息子はあまり魚に興味はないのですが、この水槽だけは必ず見てます。

何度行っても、この水槽はとてもきれいです。

入口にあるので、水族館としても力を入れてるのかなと思います。

ぜひ入口すぐの水槽を見てください。

おすすめ施設2:体験・学習ゾーン

子どもにとって、とても楽しい施設です。

ヒトデやウニ、ヤドカリ、ナマコなどを手に取って、触れます。

運がいいと、飼育員さんがタコを触れせてくれます。

同じゾーンに手洗い場があり、気にせず遊べます。

水がびちゃびちゃしているので、子どもの着替えを持ってたほうが気にせず遊べます。

おすすめ施設3:カメ(信濃川ゾーン)

カメの泳いでる姿がかわいいです。

うちの息子と一緒にカメの泳いでいる姿を10分ぐらいは見てられます。

普段は狭い水槽とかで見ているだけ、こんなに広い水槽で見ることはないので新鮮です。

大金持ちになったら、大きい水槽にカメを入れて、泳いでいる姿を見たいなあーと思います。

番外編:マリンピア日本海に近い海について

初めにも書きましたが、マリンピア日本海は海にとても近いです。

このため、マリンピアに行った後、海で遊ぶこともできます。

私は子どもと行くとき、マリンピアが終わったら、海に行ってます。

岩場あるところは小さい子供は少し危ないかもしれませんが、とても楽しいです。

運がよければ、佐渡島が海の向こう側に見れるときもあります。

まとめ

以上、マリンピア日本海について紹介していきました。

新潟市には数少ない屋内で子どもたちと過ごせる空間になってます。

何回か行くと、飽きますが、3,500円で年間パスはとてもお得だと思います。

コロナが落ち着いたら、特別なイベントの開催など、年パスを持っている人も飽きない施設になってほしいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました