産地をいただく1杯 ちょっと贅沢なコーヒー店(ハンディドリップコーヒー)を飲んでいみて。普段ドリップコーヒーを飲んでて、少し贅沢したいなあーと思う人は一度お試してください.

コーヒー

みなさんおはようございます。

今日は私がいつも便利で飲んでいるハンディドリップコーヒーでも、少しお値段が高いのでいつも飲めませんが、下記の商品についオススメしたいので、レビューを書いていきたいと思います。

「産地をいただく1杯 ちょっと贅沢なコーヒー店 のコロンビア、ウイラ」

このコーヒーとても香りがよく、苦味もやさしいので、一度試してみてください。

ハンディドリップコーヒーなので、手間がかからず、コーヒーを入れるところから後片付も楽です。

一方で、お湯をドリップした時の香りも楽しむことができ、とてもオススメです。

この記事を読んでいただければ、普段ドリップコーヒーの安いタイプを買っている人が気分転換に少し高級な商品買って、普段の生活に少しでも癒しが生じればと思います。

外側の表のパッケージについて

表のパッケージは白黒の写真が使われ、マスカットのような香りとブドウの甘みという宣伝してます。

紙製の入れ物となっており、この商品よりも安いドリップタイプのコーヒーはプラ製と比べ、お金がかかっていると思います。

香りは確かにさわやかでしたが、正直、甘みはわかりませんでした(笑)

味に敏感な人はわかるかもしれませんが、、、

パッケージは少しテカリがあり、高級感を出してます。

外側の裏のパッケージについて

裏面はこのようになっており、何を基準にしているかよくわからないグラフがあります。

このグラフを見て、マスカットの香りとコクがあります。一方で酸味、苦味が少ないということがわかります。

けど、基準がわからないので、グラフの値がどのくらいかわかりません。

自社製品と比較しているならば、そのように記載すればいいのにとは思いました。

外側の横のパッケージについて

横のパッケージは味の素の会社の社会貢献活動の紹介とコーヒーの入れ方を紹介してます。

ドリップの入れ方は、ほかのハンディタイプのコーヒーを入れたことがある人はなんとなくわかると思います。

商品内側のパッケージについて

商品の外側のパッケージと同じです。

プラ製の袋です。

パッケージを開けてみました

開けてみると、香りがすごくいいです。

ふわーと爽やかな香りがします。

この香りがマスカットなのか、わからないですが、爽やかな香りは分かります。

ドリップの部分

こんな感じで、紙の部分の細工があり、コップに立てやすいです。

コープの安いのと比べると、コップの底につかずにドリップすることが可能です。

お湯を入れて、飲んでみました

お湯を入れると、香りが部屋中に広がります。

とてもいい香りです。

謳い文句にもあるように爽やかな香りが広がります。

お湯を入れ終わったら、飲んでみました。

ほんのり苦みがあります。

苦味が強くないため、マスカットという、うたい文句なのかなと思います。

香りは先述したようにとてもいい香りで爽やかです。部屋中に広がり、妻も飯尾かおりだねと言ってました。

まとめ

今日は「産地をいただく1杯 ちょっと贅沢なコーヒー店(ハンディドリップコーヒー)を飲んでいみて」を記事にしてみました。

パッケージのとおり、少し贅沢感を味わえて、とてもオススメです。

原信スーパーには売ってましたが、清水フードやウオロクには売ってませんでした。

普段ドリップコーヒーを飲んでて、少し贅沢したいなあーと思う人は一度お試してください。

楽天でも売っているので、ぜひ一度お試しください。

次回は違うタイプのオレンジの香をレビューしていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました