第13巻のまとめ: 『アオアシ: 真の高校世代日本一を目指して』

第13巻では、高校とユースが一緒になって真の高校世代日本一を決めるリーグにエスペリオンが所属しています。特に注目は柏大商業高校との対戦です。

主人公の青井葦人はベンチに入ることができ、後半開始早々から出場しますが、初めてのAリーグの試合で中々成果が出ません。しかし、だんだん慣れていき、葦人の成長を感じられる内容となっています。

柏大商業高校の異様な殺気

試合が始まると、葦人は柏大商業高校の異様な圧力と殺気を感じます。柏大商業は多くの部員を抱え、そのプレッシャーが圧倒的でした。背負っているものが違うため、エスペリオンは圧力に立ち向かう覚悟を決めます。

しかし、栗林をスタメン出場させていないエスペリオンですが、他のメンバーも圧倒的な技術力を武器に、柏大商業を翻弄していきます。柏大商業もチャンスを作りますが、阿久津の素早い守備でピンチを脱します。前半は0対0で試合は進行しました。

葦人がAリーグ初出場!戸惑いながら、随所で活躍を見せる

後半に入り、エスペリオンは平が怪我をして、途中で交代することとなりました。福田監督は誰を出すか迷っていましたが、ロッカールームに入ると、葦人がクッキリと見え、葦人に後半から入るように伝えます。

後半早々、エスペリオンは義経が先制ゴールを奪います。葦人はなかなかゲームスピードについていけず、柏大商業高校も葦人がエスペリオンの弱点だと気づき、攻め始めます。しかし、阿久津のカバーにより、難なく失点を防ぎました。

福田監督の阿久津への怒りとエスペリオンの守備の安定

福田達也監督は阿久津が葦人にコーチングをしないことに怒り、阿久津を呼び出し、しっかりやれと怒りをぶつけます。その後、阿久津は葦人にコーチングを行い、守備が安定していきました。

守備が安定した理由として、L字型の形が大事であると福田監督が説明します。組織的に動くことが守備では大切だとの教えが浸透し、エスペリオンは守備の要となりました。

その後、栗林が交代で出場し、彼のプレーがエスペリオンにとって大きなアドバンテージとなります。栗林はボールを背面で受け取り、ボールを義経にパス、義経は敵のDFを引きつけて、最後は遊馬にパスし、エスペリオンはゴールを奪いました。

葦人の活躍と栗林の喜び

試合は一方的な展開となり、エスペリオンが攻め続けます。葦人もびっくりしていましたが、栗林がどこにいて欲しいかを一生懸命考え、カウンターの起点となりました。葦人はロングボールで栗林にパスし、最後は阿久津にパスし、阿久津がゴールを奪います。

試合は終了し、栗林が阿久津と葦人に抱きつく瞬間には、エスペリオンの団結と成長が示され、真の高校世代日本一への一歩が踏み出された瞬間となりました。エスペリオンは逆境に打ち勝ち、更なる高みを目指す決意を新たにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました