象印キャリータンブラー シームレス ハンドルタイプのレビュー

商品レビュー

我が家で愛用している耐熱タンブラー。

象印のキャリー・タンブラー・シームレス・ハンドルタイプを愛用してます。

キャップがパッキンと一体になっており、洗いやすく、パッキンをなくさないというメリットがあります。

パッキンを探す手間がなくなりますし、洗った後の置き場所も困りませんか?

この象印の蓋つきタンブラーを水筒変わりに使ってからは、このような小さなストレスが減りました。

この記事では、象印の「シームレスキャリータンブラー」がとてもよかったので、実際に使った私と妻のレビューについて、紹介します!

象印シームレスキャリータンブラーの良い点、悪い点のまとめ

象印タンブラーの良い点は

・①高い保冷・保温能力

・②デザインがシンプルでスタイリッシュ

・③結露しにくく、外側が熱くならない

・④食洗機にかけられる、フタが掃除やすい

・⑤飲み口が薄く、口当たりが良い

タンブラーはどれも高い保温機能はあるけど、さすが象印!

と思うぐらい、高い機能があります。

一方で悪い点は

・①フタが垂直にたたない

・②タンブラーを手で洗いにくい

それでは、それぞれの解説をしていきます。

良い点5つ

象印キャリータンブラーの5ついいところを紹介します。

高い保冷・保温能力

家で冷たい麦茶をコップに入れて、飲もうとした時、子供が泣いたり、面倒を見たりすると、いつの間にか冷めることはありませんか?

象印のタンブラーは、中に入っている飲み物を長時間保冷、保温できます。

この保温効果によって、暑い日でも、キーンと冷えたお茶を飲んで、気分がスッキリできます。

デザインがシンプルでスタイリッシュ

象印のタンブラーは、スタイリッシュなデザインも魅力です。

職場において置いても、目立ちすぎることはありません。

せっかく仕事が一段落したのに、味気ないマグカップや缶コーヒーでは、気分がリフレッシュされませんよね。

象印のタンブラーはシンプルでカッコイイから気分が上がるの間違いなしです。

結露しにくく、外側が熱くならない

タンブラーの内壁と外壁の間に真空の部分があるので、水滴が付きにくいです。

水滴がつきにくいので、テーブルが汚れなかったり、手に触った時に不快感がなかったりします。

コップについた水滴をいちいち拭く手間がありません。

紙の書類が汚れる心配もありません!

なぜ、このように水滴が付きにくいかと言と、

実際にコップの内側を見てみると、わかります。

このようにコップの内側に厚みがあります。

この厚みは普通のコップにはありません。

なので、普通のコップの場合は、下記の図のように、コップ外にある水蒸気がコップの水温で冷まされるので、【水蒸気▶水】に変化します。

いわゆる、気体から液体へ状態変化します。

一方で、耐熱タンブラーの場合、真空部分がクッションになることで、水温が水蒸気に触れにくくなるので、水滴が付きにくいです。

食洗機にかけられる、フタが掃除やすい

食洗機にかけられるのもいいですよね。

我が家では食洗機を使用してますが、パナソニックの、3から4人用を使っています。

このように小さめの食洗機ですが、象印のタンブラーを入れることができます。

だから、自分で手洗いをする必要なく、自分の時間が確保できます。

水筒とか、手洗いするのはめんどくさくないですか?

普通のスポンジだと手が入らないから、棒がついている下記のようなスポンジがいりますよね。

我が家は棒付きのスポンジを置いておくのも、使用するのも嫌なので、できるだけ食洗器に入る水筒を探してました。

そう、まさしく象印のタンブラーはピッタリだったのです。

このタンブラーにしてから、水筒を洗う手間がなく、ストレスが減った気がします。詳しい記事はこちらですので、参考にしてみてください。

飲み口が薄く、口当たりが良い

最後の魅力は飲み口が薄いことで、口当たりがいいことです。

下記の写真のように、飲み口部分が薄くなっているので、口当たりがとてもいい

妻が初めてこのタンブラーを使ったとき、感動したことが「飲み口が薄く、口当たりがいい」ことでした。

下記の記事でも詳しく書いたので、参考までに。

口当たりが悪い耐熱タンブラーも多い中、さすが象印!というぐらい、いい商品だと思います。

悪い点

フタが垂直にたたない

フタが垂直に立たないことが少し、悪いところです。

下記のように立ってくれるといいのですが。

タンブラー内は保温性がいいので、フタに水滴がたくさんつくきます。

フタが立たないことにより、水滴がポタポタと机に垂れます

この点は少し難点かなと思います。

垂直に立たせるには、下記の赤点枠の持ち手部分の所を、ただ平にすればいいと思うのですが。

この点は次の商品に期待したいと思います。

タンブラーを手で洗いにくい

下記の写真の幅が狭く、手洗いしにくい所が難点。

我が家は食洗器を使用していますので、あまり不便さを感じることはありませんが、

たまに手で洗おうとすると不便さを感じます

食洗器がなく、手洗いで行っている人は注意して、購入したほうがいいと思います。

まとめ

以上で、キャリータンブラー シームレス ハンドルタイプのレビュー記事でした。

いいところと悪いところをそれぞれ紹介してきましたが、我が家ではとても気に入って使ってます。

耐熱タンブラーの購入を検討している方は、この商品を買っても満足度は高いはずです。

この記事が参考になればうれしいです。

関連記事

象印のタンブラー、水筒の選び方
象印キャリータンブラーでコーヒーを飲んでみた
象印キャリータンブラー シームレス ハンドルタイプのレビュー
象印キャリータンブラーは食洗器に使っても大丈夫なのか。実際にやってみました

コメント

タイトルとURLをコピーしました