赤ちゃんが心配なあなたへ。ベビーモニターの選び方を紹介

商品レビュー

赤ちゃんは目が離せませんよね。

我が娘も生後11か月(執筆時点)ですが、ハイハイでベットから落ちてしまう心配があります。

寝付いても、起きてベットから落ちたらどうしようとか、タオルケットに包まって、窒息したらどうしようとか・・・・

不安がつきません。

そばを離れることができないため、なかなか自分の時間の確保が難しい状況でした。

そこで、ベビーモニターを我が家で設置しましたら、違う部屋で家事をしたり、寝付いたら違う部屋でコーヒーを飲んでホット一息ついたり、などなど。

赤ちゃんを見守りながら、違う作業をすることができました。

そこで、今回は私の経験を踏まえて、ベビーモニターの選び方を紹介します。

関連記事

ベビーモニターを買って、使ってみて良い点、欠点

今回の記事で参考になる方

・妊娠中のママとパパ

・赤ちゃんが寝付いたら、違う部屋で作業したいが、赤ちゃんの様子が気になる方

・ベビーモニターは高いから、メリットデメリットを知りたい方

ベビーモニターとは

ベビーモニターとは、赤ちゃんの様子を撮影し、離れた場所でも様子を見るとことができるアイテムです。

このとおり、カメラから撮影されたデータを専用モニター、もしくは、スマホへ転送され、赤ちゃんの様子を確認できます。

また、動きや音を検知すると、知らせてくれる機能もありますので、寝返りや起きて泣いたりすると、「ぴぴー」と知らせてくれます。

お知らせ機能があらば、家事をしてたり、テレビを見てホット一息ついたりしても、すぐに赤ちゃんの様子を気づけるので安心。

私も子どもが寝付いたら、違う部屋でコーヒーを飲みながらテレビを見たり、皿洗いや掃除などの家事をしたり、自分の時間の確保ができました。

ずっとモニターを見なくていいのが、いいところだね。

選び方1:スマホで見るか、専用モニターで見るか

まず、スマホで見るか、専用モニターで選ぶといいでしょう。

スマホ、専用モニターのメリットは下記のとおり。

スマホで見るメリット

・録画ができる機能がある

・外出していても見れる(ペットに使用する場合に有効)

・余計なものが増えない

専用モニターのメリット

・設定が簡単。

・スマホが別で使える

スマホで見る場合、余計な機器が増えなく、データ通信ができれば、どこでも見れるところがメリットです。

一方で、スマホで見る場合、設定が少し難しいです。

スマホと連動するベビーモニターを購入した友人は設定ができなかったと聞きました。

結局、機械系が強い人にお願いして、設定してもらったそうです。

機械が苦手な人はスマホと連動するベビーモニターをあまりオススメできません。

この点、専用モニターの場合、カメラと専用モニターの電源を入れれば、映像がつながります。

一方、余計なものが増えてしまうデメリットがあります。

ベビーモニターを購入する方は、スマホで見るか、専用モニターで見るかをまず考えるといいでしょう。

選び方2:動き、音、温度変化を知らせてくれるか。

動きや音、温度変化に反応したら、知らせてくれる機能があると、とても便利です。

例えば、テレビを見ていて、モニターから目を離してしまう。

皿洗いをしてて、モニターから目を離してしまう。などなど。

モニターから目を離してしまって、赤ちゃんが寝返りした、起きて泣いたときに、いち早く「ピピっ」と知らせてくれると助かりますよね。

安いベビーモニターだと、このお知らせ機能がないので、赤ちゃんには使い勝手が悪く、要注意!

選び方3:夜間も使用するか

パパ
パパ

夜の寝かしつけが終わった後にも使用したい!

という、パパママは、「赤外線カメラ」がついているか確認しましょう。

私が購入したパナソニックのベビーモニターはこの写真のように、赤外線カメラがついています。

夜の寝かしつけの後も安心して、別の部屋で家事や趣味の時間に使うことができました。

選び方4:使用期間を考える。

次に使用期間を考え、レンタルか購入かを決めます。

私の買ったパナソニックのKX-HC705-Wの場合、

・レンタル 月2500円

・購入   16000円前後ぐらい

の値段でした(執筆時点)。

16000円 ÷ 2500円 = 6.4月

この計算結果からわかるとおり、6.4月以上使用すれば、購入のほうがお得になります。

だいたい6、7か月の使用期間で購入かレンタルかが決まってくるんだね

クラ実の言うとおり。

使用期間がだいたい7か月以上だなーという人は購入にし、

7か月未満の人やちょっと試したい方は、レンタルを検討するといいでしょう。

まとめ

以上でベビーモニターの選び方について紹介しました。

選びかたをまとめると、

・選び方1:スマホで見るか、専用モニターで見るか

・選び方2:動き、音、温度変化を知らせてくれるか。

・選び方3:夜間も使用するか

・選び方4:使用期間を考える。

私はこの4点を考え、パナソニックのKX-HC705-Wを購入し、とても満足してます。

読者の方もぜひ参考にして、高い買い物ですので、失敗しないで、満足した購入になれば、うれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました