[漫画]盾の勇者の成り上がりレビュー!!おもしろさとおすすめする人への解説

漫画・本
電子書籍サービスで迷ったらこれ!

「盾の勇者の成り上がり」は、2013年からWeb小説として連載され、2019年にはTVアニメとしても放送された作品です。その後、漫画版も出版され、現在も続いている作品です。

物語の舞台は、異世界であり、主人公の岩谷尚文は、異世界に召喚された4人の勇者のうち、盾の勇者として選ばれます。彼ら勇者たちは世界を救うために召喚されたと国王たちに言われます。しかし、実際には国王の利権と、他の勇者たちが主人公への差別や陰謀があります。盾の勇者は差別や陰謀に立ち向かいながら、勇者としての試練に立ち向かう物語。

物語は、主人公と仲間たちの成長や冒険を描きながら、社会的偏見や権力の悪用などを批判的に描写しています。また、主人公が冤罪にかけられたり、他の勇者たちからの攻撃を受けたりするなど、ほかの異世界漫画よりも重い展開で繰り広げられます。

この記事が参考になる方

  • 盾の勇者の成り上がりを読もうか迷っている方
  • 盾の勇者の成り上がりを無料でできるだけ読みたい方

盾の勇者の成り上がりとは?

「盾の勇者の成り上がり」は、原作小説・漫画・アニメなど複数のメディアで展開された作品で、異世界ファンタジーの物語。盾の勇者の成り上がりは、原作小説から始まり、漫画、アニメ、そしてその後にはゲーム化もされています。

物語の主人公である岩谷尚文は、現代日本の大学生であり、平凡な日常を過ごしています。突如として異世界に召喚され、盾の勇者になります。主人公は他の勇者たちとともに、世界を救うために召喚されたと思っていましたが、国王や他の勇者たちからの差別や陰謀により酷い仕打ちを受けます。盾の勇者のため、1人では攻撃が上手くいかず、敵すら倒すのに一苦労。

その後、主人公が様々な困難に立ち向かい、成長し、信頼する仲間が加わります。主人公が自分自身や彼の信念を確立し、異世界での苦難を乗り越えていく様子は、感動的。

また、「盾の勇者の成り上がり」は、社会問題や偏見などをテーマとして取り上げており、多くの読者から共感がありました。例えば、人間が亜人を差別して、奴隷にしたり、宗教的に合わない人を蔑んだりします。

このように異世界ものとしては深く、重い話であり展開ですが、その分面白さがある物語となっています。

盾の勇者のあらすじ

「盾の勇者の成り上がり」のあらすじを簡単にまとめます。

現代の日本から異世界に召喚された4人の勇者たちは、それぞれ剣、槍、弓、盾を手に、世界を救うための使命を負っています。

主人公の岩谷尚文は、盾の勇者として召喚されますが、他の3人の勇者たちからは見下され、差別されます。また、王国からも嫌われ、罠にかけられ、他の勇者たちに裏切られてしまいます。

攻撃が弱い主人公は仲間を探します。そして、奴隷として売られていた少女ラフタリアと出会い、彼女と共に成長していきます。また、強力な力を持つ鳥のような生き物フィーロが手に入り、新たな仲間となります。

主人公たちは、次第に力をつけ、仲間たちと共に、様々な困難に立ち向かっていきます。しかし、それと同時に、主人公たちは、世界を救うためには、自分たち自身も成長しなければならないことを知ります。

物語は、主人公たちが成長し、世界を救うために戦い続ける姿を描きます。差別や裏切りといった重いテーマを扱いながら、主人公たちの成長や友情、愛情などを描き、多くの読者を魅了しています。

盾の勇者の成り上がりをお勧めする人

「盾の勇者の成り上がり」は、異世界ファンタジーの要素だけでなく、主人公が社会的偏見や差別に立ち向かい、信念を貫く様子が描かれています。以下のような人におすすめ。

異世界ファンタジーが好きな人

異世界の設定や魔法、冒険など、ファンタジー要素が詰まった作品です。主人公が盾の勇者として召喚されて、1から異世界の環境に慣れていき、魔法を覚え、冒険に挑んでいきます。日常とは違う物語で異世界物語が好きな人にはおすすめ。

異世界での話が好きな人には、とても面白い内容となっています。転生したらスライムだった件などの人気作品が好きな人にはおすすめです。

成長物語が好きな人

主人公が苦難を乗り越えて成長する過程が描かれており、成長物語を楽しむことができます。初めは主人公が盾のみで防御力が優れていますが、攻撃力がとても低いです。このため、ザコのスライムのようなモンスターも倒すことが一苦労。そこで主人公は奴隷の亜人を仲間にします。名前はラフタリア。初めは幼女で戦うことがうまく出来ません。しかし、日々成長していき、大人になったラフタリアは主人公の剣として活躍していきます。

もちろん主人公も成長していき、多種多様な盾で仲間たちを守り、敵を倒しますが、仲間たちが成長していく姿も楽しい要素です。

社会問題や偏見に興味がある人

作品の中で、社会問題や偏見がテーマとして取り上げられています。主人公がそれらに立ち向かう姿勢や、それらがどのような問題であるかが描かれているので、社会問題や偏見への嫌悪感について興味がある人にはおすすめ。例えば、作品の中では人間とは違う動物に似た亜人という種族が差別されています。

亜人は奴隷として扱われており、社会的に偏見を持たれています。主人公の盾の勇者自身も使えない勇者として差別を受けます。差別を受ける中でも直向きに頑張り、困難を一つ一つを乗り越えていく主人公と仲間となった亜人の姿はとても読み応えがあり、面白いです。

ドラマティックな展開が好きな人

主人公が多くの困難に直面し、それらを乗り越えていく様子が描かれているため、ドラマティックな展開が好きな人にもおすすめ。

時間をかけて展開される物語が好きな人

原作小説、漫画、アニメなど、複数のメディアで展開された作品であり、長い時間をかけて物語が展開されるので、時間をかけてじっくりと楽しみたい人にもおすすめ。

盾の勇者の成り上がり面白い点

以下に、「盾の勇者の成り上がり」の面白い点を箇条書きでまとめました。

  • 主人公が異世界に召喚され、他の勇者たちとともに世界を救うために戦うというストーリーは、王道的なファンタジー作品です。
  • 主人公が、盾を持つという特殊な力を持っていることで他の作品とは異なる戦闘スタイルが描かれており、その違いがおもしろい要素となっています。
  • 主人公が立ち向かう偏見や差別といった社会問題が描かれている点。
  • 主人公が仲間を得ていく過程が、感動的に描かれています。仲間たちとの信頼関係の構築や、共に戦う中での成長が描かれており、読者や視聴者の心を掴んでいます。
  • 登場人物たちがそれぞれに個性的。キャラクター同士の掛け合いが楽しめます。また、主人公を取り巻く陰謀や策略も、読者や視聴者の興味を引きます。
  • 作品が異世界ファンタジーだけでなく、社会問題や偏見をテーマにしているため、深い意味を持っていると感じられる点も魅力的です。
  • 作品が原作小説、漫画、アニメなど複数のメディアで展開されているため、それぞれのメディアで異なる楽しみ方ができる点も魅力的です。

盾の勇者の成り上がりのつまらない点

「盾の勇者の成り上がり」のつまらない点を箇条書きでまとめてみました。人によっては面白いと感じる部分もあるかもしれません。

  • 主人公が差別や偏見に直面するシーンが多く、強いストレスを感じる人にとっては読みにくいかもしれません。
  • キャラクターたちの掛け合いや、主人公の成長が描かれるため、戦闘シーンが少ないかもしれません。
  • 主人公が無双状態になってしまう場面があり、物語のテンポが悪くなることがあります。
  • 一部のキャラクターが、オーバーな描写や行動を取ることがあるため、違和感を感じるかもしれません。
  • 異世界ファンタジーの王道的な要素が強く、オリジナリティに欠ける部分もあるかもしれません。
  • 作品が複数のメディアで展開されているため、一貫性が欠ける場合があるかもしれません。
  • 原作小説や漫画、アニメで異なる展開があるため、原作を読んだり、アニメを見たりする場合に混乱するかもしれません。

盾の勇者の成り上がりの登場人物

「盾の勇者の成り上がり」には、様々なキャラクターが登場します。主要なキャラクターを以下にまとめました。

1. 盾の勇者(本名:岩谷尚文)

物語の主人公。異世界に召喚され、盾の勇者に選ばれる。最初は誰も信用してくれず、偏見や差別を受けながらも、徐々に成長していきます。攻撃はできないが、守り関してはすごく、仲間たちを守りながら、戦いをこなしていく

2. ラフタリア

タヌキ族の少女。奴隷として売られていたところを主人公に買われる。主人公に忠誠を誓い、共に成長していく。主に攻撃を担当。

3. フィーロ

フィロリアルという大きな鳥のような生き物。主人公が魔物の卵を孵化させて、彼のペットとなる。主に武器は使わず、非常に素早く動き、打撃により相手を攻撃します。人間の形になったり、大きい鳥になったりして、場面に合わせ変身し活躍します

4. マルキタ

主人公が最初に出会い、仲間となる冒険者。しかし、盾の勇者を裏切るなどのヒール的な役割となります。1巻の表紙に飾っており、たびたび主人公たちの邪魔をします。実は国王の娘であり、職権乱用のシーンもたびたびあります。

5. 槍の勇者(本名:北村元康)

主人公たちと同じように異世界に召喚された勇者の1人。主人公と敵対することが多いです。

6. 剣の勇者(本名:天木錬)

主人公と同じく、異世界に召喚された勇者の1人。主人公たちと敵対することは少ないが、協力的ではありません。

7. 弓の勇者(本名:川澄樹)

主人公と同じく、異世界に召喚された勇者の1人。主人公たちと敵対することは少ないが、協力的ではありません。

以上が、「盾の勇者の成り上がり」の主要な登場人物です。他にも多数のキャラクターが登場します。

無料で読む方法

「盾の勇者の成り上がり」を無料で読む方法については、以下のような方法があります。

1.ebookjapanで話読みする

ebookjapanでは、話読みで無料に3巻まで読むことが可能です。加えて、初めて利用する方は70%オフクーポンが付いてくるので、安く購入することもできます。

ebookjapanは安心のソフトバンクグループで、操作性も良いのでおすすめ。

2. 公式サイトや公式アプリで無料公開

「盾の勇者の成り上がり」の公式サイトや公式アプリで、一部のエピソードや試し読みが無料で公開されている場合があります。公式サイトや公式アプリにアクセスして、確認してみてください。

3. 図書館で借りる

公共図書館には、「盾の勇者の成り上がり」の単行本や雑誌が所蔵されている場合があります。図書館に行って、借りることができます。ただし、人気がある作品は、予約が必要な場合があるので、事前に確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました