clsで画面を消す

BASH,bat,バッチ

clsコマンドの機能と使い方は簡単です。

表示を初期化したい時にclsコマンドを行うと、画面の表示がすべて消えリセットされます。

clsはクリアスクリーンと言って、その名のとおりの機能です。

使用できる場面として2つ考えられます。

  • 色々なコマンドを実行後、汚れた画面を一度リセットする時に使用。
  • バッチファイルを起動した後に1度リセットする

clsコマンドの使い方

clsコマンドの使い方は簡単です。clsと打ち込むだけです。試しに下記のようなコマンドスクリプトを消してみます。コードに「cls」を入力して、Enterボタンを押します。

cls

コマンド処理は下記のように真っ新になります。

clsコマンドで消しても、コマンドの履歴は消えません。このため、↑ボタンを押すとコマンドの履歴を表示できます。先ほど例に使ったコマンドの「cls」や「echo 1」のコマンドが消えていないことが下記のとおり分かります。

clsしても変数の設定は消えません

setコマンドで設定した変数も消えません。試しにset apple=果物という変数を設定します。次にclsコマンドでコマンドスクリプトの画面を消します。変数appleを表示します。下記のとおりappleが表示します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました