NHKが嫌い!テレビをやめてモニターで動画を見てます。テレビをやめてのメリット、デメリット。

私はNHKが嫌いです。けれど、バラエティ、ドラマは好きです。

そこで、今日はテレビをやめて、パソコンモニターに変えて動画を見ることのメリット、デメリットを紹介したいと思います。 

なぜ、テレビをやめたこと言うと、「NEWS Diet」という本を読んだからです。

加えて妻の友人家族がテレビを持ってなかったことも要因の一つです。

テレビをやめてのメリット無駄な時間がなくなったことが一番です。

また、デメリットとして、民放のバラエティ番組が見れなくなったことですかね。

それでは詳細に書いていきたいと思います

テレビをやめた理由1:NHK料金が高いから

NHK料金が高すぎます。年間25000円ほど料金をとってます。

私はニュースしかNHKの番組を見ていませんでした。正直、ニュースに対しての費用が高いと今まで思ってました。無駄だなーと思いつつ、やめる機会がありませんでした。

家族もあまりテレビを見ておらず、子供がアンパンマンを見ているぐらいでした。

テレビをやめた理由2:ある本を読んで

わたしは読書が趣味の一つです。楽天KOBOストアをながめているとき、「ニュースダイエット」という本に出逢いました。

ネットで散策すると、面白い内容であるという評判でした。

新潟市の図書館で予約しようと思ったら、順番が20番ぐらいだったので、待ってられません。

とりあえず買って読んでました。レビュー記事は今後書いていこうかと思います。

この本の趣旨は「マスメディア、ネットのニュースは何もあなたに利益をもたらさない」ということでした。

ニュースを見なくても、重要な情報は周りから聞くことがあり、本当に必要な情報は本や月刊紙など、ある程度情報が精査されたものを読むという内容でした。

私は、少し考えさせられました。

しばらく、職場新聞を読まずに、家ではニュースを見ないようにしました。

自分の時間が増え、読書の時間やゲームの時間など、趣味への時間が確保できるようになっていきました。

この際、私はテレビをやめたいなーと思いましたが、中々妻を説得することが難しかったです。

テレビをやめた理由3:妻の友人家族がテレビを持ってなかったから

妻を説得できない日々が続き、あるとき、妻がテレビをなくしてもいいよーと言いました。

理由を尋ねると、友人家族がテレビを持っていないらしく、あまり困っていない話を聞いたから、と妻は言ってました。

ありがとうといって、引越しの際、テレビを売り、NHkを解約しました。

NHKの解約についての記事は今後書いてます。

テレビをやめてのメリット1:無駄な時間がなくなった

先ほども少し書きましたが、テレビを見る時間がなくなり、他に時間を当てることができました。

子どもと遊んだり、読書したり、有意義に時間の活用ができるようになりました。

今までは義務的にニュースを見てましたが、ニュースを見なくても生きていけます。

自分にとっての重要なニュースはあまりないことがわかりました。

どこかで起きた事件事故、コロナの感染者数、有名人に関する報道、、、、

どれも聞かなくても、問題なかったことがわかりました。

結果、自分の時間が増え、とても健康的な生活を過ごせていると思います。 

テレビをやめてのメリット2:テレビのスペースが不要になった

テレビのスペースって、結構あります。

テレビ台+テレビで結構圧迫感があります。

このスペースがなくなり、部屋が広く感じるようになりました。

私の家はパソコンモニターを利活用して、アマゾンのファイヤースティックを使用し、動画を見てますので、モニタースペースが結構場所をとっています。

しかし、テレビがなくなった分、少しはスペースが空き満足してます。

テレビをやめてのメリット3:NHK料金をは洗わなくて、良くなった

NHKに料金を支払うことが気に食わない人はたくさんいると思います。

モニターで動画を見るようにすれば、NHK料金を支払わなくていいのです。

年間約25000円の料金を支払なくいいことは、最大のメリットだと思います。

なぜ、モニターであれば、NHK料金を払わなくていいかというと、放送法の第六十四条には

「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。」

と書いてあります。参照(https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=325AC0000000132)

このように、パソコンモニターは受信することのできる受信設備に該当しないため、NHK料金を払わなくていいのです。

テレビをやめてのデメリット:民放が見られなくなった

民放のバラエティ番組が見れなくなったことはデメリットです。

やはり民放は定番のバラエティが面白いです。

夫はバラエティ番組を見ないのですが、妻は良くみるため、民放がないと娯楽がなく、嫌みたいです。
その代わりに、アマゾンファイヤースティックを使用して、アマゾンプライムやdTVなどをモニターで見てます。

個人的にはNHK以外を見れるテレビがあれば、すごく売れると思うのですが、、、、

NHKの既得権益だから、できないのでしょうかね。

テレビをやめてのデメリット:リモコンが使えない

電源を入れたり、音量を調整したり、HDMIの出力を変えたり、、、

これがテレビの場合、離れたところから出来ます。

一方、モニタの場合、近づいて、直接モニターのボタンを押さなければ行けません。

結構、手間です。

まとめ

以上、テレビをやめた理由、メリット、デメリットを私の経験から紹介していきました。

私は生まれてから、テレビがある生活をしてきましたが、テレビをやめて、3か月。

とてもよかったと思います。

これからはテレビではなく、ネットの時代になっていくと思います。

テレビをやめても、必要な情報を入手できるようになっていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました